« 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向・春季労使交渉、NTT労組、今春の賃上げ要求見送り(20080213) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・不祥事公務員の退職金強制返還、懲戒免でも…総務省検討会(20080213) »

2008.02.13

【社労士】労働者災害補償保険法 > 労災認定・派遣社員の労災死、派遣先にも使用者責任 東京地裁判決(20080213)

派遣社員の労災死、派遣先にも使用者責任 東京地裁判決 2008/ 2/13 asahi.com

 03年に派遣された工場での作業中に死亡した男性(当時22)の両親が、工場が安全対策を怠っていたとして派遣元と派遣先の企業2社などに計約1億9000万円の支払いを求めた訴訟の判決が13日、東京地裁であった。山田俊雄裁判長は、派遣先にも男性の使用者としての責任があったと認め、2社に約5100万円を支払うよう命じた。
 派遣元は「テクノアシスト相模」(神奈川県相模原市)で、派遣先は製缶大手の「大和製缶」(東京都中央区)。判決によると、男性は03年7月に派遣元と雇用契約を結び、派遣先の工場で缶の検査を担当した初日に、脚立から転落して死亡した。
 山田裁判長は「派遣元の従業員は、実質的には派遣先の指示で働いていた」と認定。さらに派遣先について「男性との雇用契約がなくても使用者と同じ安全配慮義務を負う」とし、転落を防ぐ措置を怠った責任を認めた。
 会見した原告側の代理人は「製造工場への派遣が増え労災が多発する中で、派遣先、派遣元両方の責任を明確にしたことは、企業側に警告を発するものだ」と評価した。
 【関連記事】「派遣社員うつ症自殺、派遣先企業の責任も認定 2005/ 3/31 YOMIURI ON-LINE

|

« 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向・春季労使交渉、NTT労組、今春の賃上げ要求見送り(20080213) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・不祥事公務員の退職金強制返還、懲戒免でも…総務省検討会(20080213) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/40114145

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働者災害補償保険法 > 労災認定・派遣社員の労災死、派遣先にも使用者責任 東京地裁判決(20080213):

» 派遣社員の健康保険 [保険辞典]
派遣社員の健康保険について解説しています。 [続きを読む]

受信: 2008.02.26 00:19

« 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向・春季労使交渉、NTT労組、今春の賃上げ要求見送り(20080213) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・不祥事公務員の退職金強制返還、懲戒免でも…総務省検討会(20080213) »