« 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向・春季労使交渉、トヨタ、3年連続のベアに応じる見通し(20080227) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・リクルート、転職情報誌「ビーイング」3月休刊(20080227) »

2008.02.28

【社労士】社会一般常識 > 少子化対策・保育サービス利用100万人増、政府が新待機児童ゼロ作戦(20080227)

保育サービス利用100万人増、政府が新待機児童ゼロ作戦  2008/ 2/27 NIKKEI NET

 政府は27日、保育サービスの拡充などを目指す「新待機児童ゼロ作戦」を発表した。認可保育所をはじめとした保育サービスを利用する5歳以下の子どもの数を、2017年までに現在の202万人から100万人増やし約300万人にする。認可保育所の入所待ちをしている人は現在全国で1万8000人程度だが、潜在的な利用ニーズは高いと判断。受け入れを大幅に拡大することで仕事と子育ての両立を支援する。
 政府は01年に「待機児童ゼロ作戦」を策定。認可保育所の定員を増やすなど施策を進めてきたが「新作戦」で取り組みを強める。100万人増の具体策としては保育所の拡充のほか、保育士などを中心に家庭で子供を預かる「保育ママ」を制度化するなど子どもの受け入れ先を多様化する。放課後に児童館などで子どもを受け入れる「放課後児童クラブ」も小学校低学年の登録児童数を145万人増やす方針だ。
 目標の具体化のために必要な財源については「税制改革の動向を踏まえつつ、具体的な制度設計の検討を速やかに進める」との表記にとどめた。
 【関連記事】「保育・放課後クラブの待機児童、10年後ゼロに 2008/ 2/27 YOMIURI ONLINE」 / 「「保育ママ」法制化へ、待機児童解消に国が基準 2007/12/26 YOMIURI ONLINE」 / 「学童保育、1施設当たり上限70人…厚労省指針 2007/10/14 YOMIURI ONLINE」 / 「学童保育、673カ所増え1万5857カ所に・厚労省 2006/ 8/15 NIKKEI NET」 / 「認可保育所の待機児童、2万人切る 厚労省まとめ 2006/ 9/15 asahi.com」 / 「認可保育所、児童数が定員3%上回る・厚労省調査 2005/12/14 NIKKEI NET」 / 「「子ども庁」政府検討へ 2008/ 2/22 YOMIURI ONLINE」 / 「幼稚園・保育所、一体化を推進・諮問会議成長戦略原案  2008/ 2/15 NIKKEI NET」 / 「幼・保一元化、文科省が「こども園」認定指針を策定 2006/ 8/ 1 YOMIURI ONLINE」 / 「2歳児入園の「幼稚園特区」など6特区を全国展開 2006/ 7/31 NIKKEI NET」 / 「2歳から入れます「幼稚園特区」来年度から全国展開へ 2006/ 6/27 YOMIURI ONLINE
 【コメント】厚労相が「就労と子どもの健全育成との両立を、出産前から就学後まで切れ目なく支援する」と述べ、同内容が発表された。新作戦は2008年より3年間を集中重点期間とし、取り組みが進められる。問題多しの政府の少子化対策、果たして挽回となるかどうか。

|

« 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向・春季労使交渉、トヨタ、3年連続のベアに応じる見通し(20080227) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・リクルート、転職情報誌「ビーイング」3月休刊(20080227) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/40297873

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】社会一般常識 > 少子化対策・保育サービス利用100万人増、政府が新待機児童ゼロ作戦(20080227):

« 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向・春季労使交渉、トヨタ、3年連続のベアに応じる見通し(20080227) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・リクルート、転職情報誌「ビーイング」3月休刊(20080227) »