« 【社労士】健康保険法 > 診療報酬・診療報酬を不正請求、詐欺容疑で「菅谷クリニック」捜索(20080106) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 労働者派遣法・佐川子会社が二重派遣、グッドウィル労働者、改善命令へ(20080107) »

2008.01.07

【社労士】労働者災害補償保険法 > アスベスト災害・船員の死亡急増、労災認定2年で8.5倍、34人に(20080107)

石綿:船員の死亡急増 労災認定2年で8.5倍34人に 2008/ 1/ 7 毎日jp

 アスベスト(石綿)を吸引し中皮腫などで死亡し労災認定された元船員が、少なくとも34人いることが、患者支援団体の情報開示請求で分かった。05年夏に公表された船員の石綿死認定は4人で、2年余りで8.5倍になった。また、石綿関連の病変があり船員健康管理手帳が交付された人も400人を超え、被害の拡大が懸念される。支援団体は、労災に気付かない人のため船会社や疾病名の公表を求めている。
 船舶ではかつて機関室のボイラーや配管、船室の隔壁などに石綿が使われ、補修作業などで石綿が舞ったことによる健康被害が出ている。しかし、明るみに出たのが比較的遅く、政府が対策を打ち出したのが05年。報道などで知った船員経験者やその家族らが急増したのが要因とみられる。
 「中皮腫・じん肺・アスベストセンター」(東京都江東区)が、船員保険を扱う社会保険庁に情報開示請求した。同センターによると、07年6月28日までに労災認定で遺族給付(遺族補償)決定が出たのは05年公表の対象者を含め34人。内訳は東京社会保険事務局が16人、神戸、長崎が各3人--などだった。
 ただ、社保庁は「治療中の人も含めた認定者の人数や病名は把握していない。船会社の名前は今は言えない」として、詳細な説明を拒んでいる。
 一方、国土交通省が、胸膜肥厚斑(きょうまくひこうはん)など石綿関連病変が見つかった人の定期健診のため2年前から導入した船員健康管理手帳の交付者は07年11月までに418人に達した。病変が見られない船員らも、石綿を大量に吸引しリスクを抱えている恐れもある。
 同センターは既に全国47労働局への開示請求で、05~06年度に労働基準監督署が認定した石綿労災と時効救済3478人分の一部黒塗り記録を入手。分析で新たに520以上の事業所で石綿労災が発生していることが分かっている。相談はアスベスト被害フリーダイヤル(0120・631・202)。
 「中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会」の古川和子副会長の話 船員の石綿労災の認定は中皮腫患者から表面化したが、肺がんも私が最近把握しただけで5人おり、患者が気付き始めた。潜在的な被害者は多く、社保庁は詳細な情報を早く公表すべきだ。
 【関連記事】「石綿の労災認定が急増 中皮腫倍増1千件突破 2007/ 6/ 3 asahi.com」 / 「石綿での労災認定、倍増の1796人…06年度 2007/ 5/25 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】健康保険法 > 診療報酬・診療報酬を不正請求、詐欺容疑で「菅谷クリニック」捜索(20080106) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 労働者派遣法・佐川子会社が二重派遣、グッドウィル労働者、改善命令へ(20080107) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/17605983

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働者災害補償保険法 > アスベスト災害・船員の死亡急増、労災認定2年で8.5倍、34人に(20080107):

« 【社労士】健康保険法 > 診療報酬・診療報酬を不正請求、詐欺容疑で「菅谷クリニック」捜索(20080106) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 労働者派遣法・佐川子会社が二重派遣、グッドウィル労働者、改善命令へ(20080107) »