« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・連合の高木会長、派遣業界団体に待遇改善を要求(20080121) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 少子化対策・にっけい子育て支援大賞、9つの企業・団体を表彰(20080121) »

2008.01.22

【社労士】社会一般常識 > 社会保障カード・「社保カード」構想の報告書を大筋了承、厚労省検討会(20080121)

「社保カード」構想の報告書を大筋了承…厚労省検討会 2008/ 1/21 YOMIURI ONLINE

 厚生労働省の「社会保障カード(仮称)の在り方に関する検討会」(座長=大山永昭東工大教授)は21日、社会保障カードの基本構想に関する報告書を大筋で了承した。
 利用者の利便性向上を目的に、年金手帳や健康保険証、介護保険証を統合することが主な柱だ。政府は2011年のカード導入を目指している。
 報告書では、カード導入のメリットについて、〈1〉1人1枚のカードで、年金、医療、介護の給付やサービスの受給が可能〈2〉転居や転職で保険者が変わっても保険証の再取得が不要――などを挙げている。パソコンから、自分の年金記録を確認でき、記録漏れの防止に役立つほか、検診結果や診療報酬明細書(レセプト)なども閲覧できるとしている。
 また、個人情報をオンラインで管理するため、医療機関や行政などサービス提供側は、医療保険の資格確認を即時に行えたり、制度間の併給調整が容易になったりするなど、事務の効率化が見込めるという。一方、報告書は、「プライバシーの侵害や情報の一元的管理に対する不安が解消される必要がある」ことを挙げた。
 【関連記事】「社会保障カード、「医療・年金・介護」まず対象・厚労省方針 2007/12/ 4 NIKKEI NET」 / 「社会保障カード、4分野1枚・厚労省 2007/ 9/28 NIKKEI NET」 / 「社会保障カード、年内にも基本構想 舛添厚労相 2007/ 9/11 asahi.com
 【コメント】但し、パソコンで確認するとなると、ICカード読み取り機が必要。現在e-taxで確定申告を行う際にも、住基カード読み取りのための「ICカード読み取り機」が必要となるが、同一規格で作られるのだろうか。。

|

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・連合の高木会長、派遣業界団体に待遇改善を要求(20080121) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 少子化対策・にっけい子育て支援大賞、9つの企業・団体を表彰(20080121) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/17781677

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】社会一般常識 > 社会保障カード・「社保カード」構想の報告書を大筋了承、厚労省検討会(20080121):

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・連合の高木会長、派遣業界団体に待遇改善を要求(20080121) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 少子化対策・にっけい子育て支援大賞、9つの企業・団体を表彰(20080121) »