« 【社労士】国年法・厚年法 > 厚生年金保険料納付特例法・1841人分、富士火災が1億7千万円未納(20080109) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 生活保護・生活保護受給者、多い「高齢・女性・独居」、支援策少なく(20080110) »

2008.01.10

【社労士】労働基準法 > 賃金・手数料の給与天引き、違法と認める、富士火災に支払い命令(20080109)

手数料の給与天引き、違法と認める・富士火災に支払い命令 2008/ 1/ 9 NIKKEI NET

 保険契約者の保険料の振替手数料にあたる金額を給与から天引きするのは違法だとして、富士火災海上保険の社員2人が同社に、10年分の天引き額計92万円の返還を求めた訴訟の判決で、東京地裁は9日、同社に全額の支払いを命じた。
 判決によると、同社は1998年、保険料の集金方法の変更を理由に、保険契約者の振替手数料分を社員の給与から天引きする規定を導入。福島政幸裁判官は「労働組合は給与からの天引きに同意しておらず、労働基準法に違反する」と述べた。
 同社は「給与には保険料の集金作業への手当が含まれていた。集金が口座振替に移行したので手当分を減額した」と主張していた。
 【関連記事】「グッドウィルの派遣労働者、データ装備費の返還を求め提訴 2007/ 8/24 NIKKEI NET」 / 「フルキャスト、天引き業務管理費を全額返還へ 2007/ 7/ 6 YOMIURI ONLINE」 / 「グッドウィルの天引き「違法」 厚労省、調査・指導へ 2007/ 6/22 asahi.com」 / 「グッドウィルの賃金天引き、調査要請へ…派遣スタッフ労組 2007/ 5/31 YOMIURI ONLINE
 【コメント】以前、グッドウィルの給与天引きで掲載したが、天引きを行う場合の規定は労働基準法 第24条にある

 第24条 賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。ただし、法令若しくは労働協約に別段の定めがある場合又は厚生労働省令で定める賃金について確実な支払の方法で厚生労働省令で定めるものによる場合においては、通貨以外のもので支払い、また、法令に別段の定めがある場合又は当該事業場の労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がないときは労働者の過半数を代表する者との書面による協定がある場合においては、賃金の一部を控除して支払うことができる。

 「手当」が就業規則や契約時の説明で給与支払い項目と明言されていないとすれば、賃金から一部控除を行うものとして、労働協約か労使協定により締結が行われている必要があった。

|

« 【社労士】国年法・厚年法 > 厚生年金保険料納付特例法・1841人分、富士火災が1億7千万円未納(20080109) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 生活保護・生活保護受給者、多い「高齢・女性・独居」、支援策少なく(20080110) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/17637780

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働基準法 > 賃金・手数料の給与天引き、違法と認める、富士火災に支払い命令(20080109):

« 【社労士】国年法・厚年法 > 厚生年金保険料納付特例法・1841人分、富士火災が1億7千万円未納(20080109) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 生活保護・生活保護受給者、多い「高齢・女性・独居」、支援策少なく(20080110) »