« 【社労士】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金電話相談、25日までに3万3千件、年末年始はお休み(20071226) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 年金記録確認第三者委員会・年金記録審査終了は4.4%、申し立て1ヶ月に数千件増加(20071226) »

2007.12.27

【社労士】労働一般常識 > 少子化対策・「保育ママ」法制化へ、待機児童解消に国が基準(20071226)

「保育ママ」法制化へ、待機児童解消に国が基準 2007/12/26 YOMIURI ONLINE

 政府は子育て支援の環境整備のため、来年の通常国会で児童福祉法と次世代育成支援対策推進法を改正する方針を固めた。
 保育士や看護師が自宅で乳幼児を預かる「保育ママ」制度の法制化や、子育て支援の行動計画策定義務を負う企業の範囲拡大が主な内容だ。
 26日午後に開かれる厚生労働相の諮問機関、社会保障審議会の少子化対策特別部会で、細部の検討に着手する予定だ。
 近年、働きながら子育てをする親が、乳幼児を保育所に預けようとしても、都市部などでは入所待ちとなる事例が多く、待機児童の解消が課題となっている。保育ママ制度は、こうした待機児童の受け皿として期待され、既に一部自治体が導入しており、厚生労働省が補助金を出している。同省によると、全国の待機児童は2007年4月現在で1万7926人。
 しかし、保育ママの資格や、乳幼児を預かる場所などの基準は自治体ごとに異なる。保育ママによる虐待が問題化したこともあり、安全性の確保が課題だ。このため、政府は、保育ママに関する統一基準を盛り込んだ改正児童福祉法案を提出することにしたものだ。法律で基準を裏づけることで、導入に慎重だった自治体への保育ママ制度拡充につなげる狙いもある。
 一方、次世代育成支援対策推進法の改正では、行動計画策定義務の対象を現行の「従業員数301人以上の企業」から拡大し、より小規模の企業にも、子育て支援への取り組みを促す。
 【関連記事】「「マンション保育所」急増中 高層建設ラッシュの首都圏 2007/12/24 asahi.com」 / 「保育所の入居基準を緩和・規制改革会議 2007/12/ 7 NIKKEI NET」 / 「企業内保育所 地域にも開放を…経団連が提言 2007/11/13 asahi.com」 / 「「首都圏の185企業、育児に積極的」厚労省が認定 2007/ 7/19 YOMIURI ONLINE」 / 「79社が子育て支援策定 企業の少子化対策で本社調査 2005/ 4/ 4 asahi.com」 / 「【仕事事情】次世代法、追い風…男性にも広がる「在宅勤務」 2006/ 7/18 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金電話相談、25日までに3万3千件、年末年始はお休み(20071226) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 年金記録確認第三者委員会・年金記録審査終了は4.4%、申し立て1ヶ月に数千件増加(20071226) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/17491089

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 少子化対策・「保育ママ」法制化へ、待機児童解消に国が基準(20071226):

« 【社労士】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金電話相談、25日までに3万3千件、年末年始はお休み(20071226) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 年金記録確認第三者委員会・年金記録審査終了は4.4%、申し立て1ヶ月に数千件増加(20071226) »