« 【社労士】健康保険法 > 混合医療解禁・混合診療着地点探る、規制改革会議と厚労省が火花(20071215) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 年金保険料横領・年金保険料を着服、秋田県男鹿市の元嘱託職員書類送検(20071215) »

2007.12.17

【社労士】労災法 > 労災認定・トヨタ労災訴訟で国側が控訴断念、原告勝訴確定(20071215)

トヨタ労災死訴訟で国側が控訴断念、原告勝訴確定 2007/12/15 YOMIURI ONLINE

 トヨタ自動車(愛知県豊田市)工場内で勤務中に倒れて死亡した内野健一さん(当時30歳)の妻博子さん(37)(同県安城市)が、国を相手取り、労災と認めず、遺族補償給付金を不支給とした決定の取り消しを求めた訴訟で、国側は控訴期限の14日、控訴を断念した。
 労災を認定し不支給決定を取り消した名古屋地裁判決が確定する。
 判決確定の知らせを受けた博子さんは「夫のようにサービス残業で大変な思いをしている人がまだたくさんいるので、会社は判決をしっかりと受け止めてほしい」と話した。
 内野さんは同社堤工場(豊田市)に勤務していたが、2002年2月9日午前4時20分ごろ、工場内で倒れて致死性不整脈で死亡した。判決は、内野さんのサービス残業も業務と認め、「長時間労働は継続的で、業務と死亡の関連性は強い」と認定した。
 【関連記事】「トヨタ自動車過労死訴訟判決、原告が勝訴 名古屋地裁 2007/11/30 asahi.com

|

« 【社労士】健康保険法 > 混合医療解禁・混合診療着地点探る、規制改革会議と厚労省が火花(20071215) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 年金保険料横領・年金保険料を着服、秋田県男鹿市の元嘱託職員書類送検(20071215) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/17391365

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労災法 > 労災認定・トヨタ労災訴訟で国側が控訴断念、原告勝訴確定(20071215):

« 【社労士】健康保険法 > 混合医療解禁・混合診療着地点探る、規制改革会議と厚労省が火花(20071215) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 年金保険料横領・年金保険料を着服、秋田県男鹿市の元嘱託職員書類送検(20071215) »