« 【社労士】社会一般常識 > 生活保護・生活保護見直し、1年先送り、支給基準で厚労省(20071220) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・労働生産性、20位どまり(20071221) »

2007.12.21

【社労士】労働一般常識 > 雇用動向調査・1-6月の転職入職者、最高の258万人、厚労省調査(20071220)

1―6月の転職入職者、最高の258万人・厚労省調査  2007/12/20 NIKKEI NET

 厚生労働省が20日発表した2007年上半期(1―6月)の雇用動向調査によると、離職して1年以内に再就職した「転職入職者」は前年同期比13万人増の258万人だった。比較できる1991年以降、転職入職者は上半期として最も多かった。景気回復が続き、有利な労働条件を求める転職が増えた。
 転職入職者のうち転職して賃金が増えた人は33.9%と、前年同期を1.1ポイント上回った。転職にかかった期間も「15日未満」が最多で38.3%と、短期間に良い条件の転職をする人が増えた。また雇用形態でも、より安定した「パートから正社員」になる人が10.2%で前年同期を1.1ポイント上回っている。
 【関連記事】「「パートから正社員」9.4%、0.8ポイント上昇・06年、厚労省調査 2007/ 8/22 NIKKEI NET

|

« 【社労士】社会一般常識 > 生活保護・生活保護見直し、1年先送り、支給基準で厚労省(20071220) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・労働生産性、20位どまり(20071221) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/17433465

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向調査・1-6月の転職入職者、最高の258万人、厚労省調査(20071220):

« 【社労士】社会一般常識 > 生活保護・生活保護見直し、1年先送り、支給基準で厚労省(20071220) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・労働生産性、20位どまり(20071221) »