« 【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度改革・「消費税を社会保障財源に」、自民税調、明記へ調整(20071130) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・政府が地方再生戦略決定、雇用創出や地域再生を一体支援(20071130) »

2007.11.30

【社労士】労災法 > 労災認定・トヨタ自動車過労死訴訟判決、原告勝訴、名古屋地裁(20071130)

トヨタ自動車過労死訴訟判決、原告が勝訴 名古屋地裁 2007/11/30 asahi.com

 トヨタ自動車の堤工場(愛知県豊田市)に勤めていた内野健一さん(当時30)が02年に急死したのは過重な労働が原因で、労災を認めず、療養補償給付金、遺族補償年金などを不支給とした処分は違法だとして、妻の博子さん(37)=同県安城市=が、豊田労働基準監督署長を相手取り、処分取り消しを求めた訴訟の判決が30日、名古屋地裁であった。多見谷寿郎裁判長は、死亡は業務に起因すると認め、不支給処分を取り消した。
 多見谷裁判長は、死亡直前1カ月について、会社側が業務外とする活動の一部も業務と認め、健一さんの時間外労働時間を106時間45分と認定。「忙しくて家に帰れなかった」と述べた。
 判決によると、健一さんは89年4月に入社し、同工場の車体部に所属。00年1月に班長に相当するEXに昇格し、01年4月から同部品質物流課で勤務した。02年2月9日午前4時20分ごろ、残業中に工場で不整脈で倒れて死亡した。
 博子さんは02年3月、健一さんの死亡は過労が原因だとして同労基署長に遺族補償年金などを申請したが、同署長は03年12月、労災を認めず不支給処分とした。05年4月に再審査を請求したが、処分は覆らなかった。
 博子さん側は、同社が業務と認めないEX会役員などの「インフォーマル活動」などを含めると、健一さんが倒れる直前1カ月の時間外労働は155時間25分にのぼったと主張。無駄を徹底的に省く「トヨタ生産方式」により、ストレスの強い過重な労働を強いられたと訴えた。
 一方、労基署長側は、倒れる直前1カ月の時間外労働を52時間50分とし「死亡は業務による心身の負荷が有力な原因とはいえない」としていた。
 【関連記事】「ワーク・ライフ・バランス推進へ官民トップ会合、年内に指針 2007/ 7/17 NIKKEI NET」 / 「「過労死110番」、30都道府県で16日に実施 2007/ 6/15 asahi.com

|

« 【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度改革・「消費税を社会保障財源に」、自民税調、明記へ調整(20071130) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・政府が地方再生戦略決定、雇用創出や地域再生を一体支援(20071130) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/17231941

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労災法 > 労災認定・トヨタ自動車過労死訴訟判決、原告勝訴、名古屋地裁(20071130):

» 名古屋地裁:トヨタ社員の過労死認定 [酒井徹の日々改善]
――30歳EX(班長)、夜勤残業中に心不全で死亡―― ■死亡前1ヶ月、「『確実なところで』106時間45分残業」 トヨタ自動車堤工場に勤めていた内野健一さん(当時30歳)が 2002年2月9日午前4時20分ごろ、夜勤残業中に倒れ、 心不全で死亡したにもかかわらず、 豊田労働基準監督署が これを労災と認めなかったのは不当として、 遺族が労災認定を求めていた裁判の判決が 30日、名古屋地方裁判所であった。 名古屋地裁の多見谷寿郎裁判長は、 内野健一さんの死亡前1ヶ月の時間外労働時... [続きを読む]

受信: 2007.12.01 18:36

« 【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度改革・「消費税を社会保障財源に」、自民税調、明記へ調整(20071130) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・政府が地方再生戦略決定、雇用創出や地域再生を一体支援(20071130) »