« 【社労士】国年法・厚年法 > 保険料未納問題・年金納付率上昇に口座振替導入を提言、検査院が社保庁に(20071110) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・低利用率ならば病床数削減、効率病院改革で総務省懇が指針(20071112) »

2007.11.12

【社労士】労働基準法 > 労働時間・残業代、長年不払い、大和ハウス系列ホテル(20071111)

残業代、長年不払い 大和ハウス系列ホテル 2007/11/11 asahi.com

 偽造社員利用券による利益の水増しが発覚した大和ハウス工業の系列ホテル会社「大和リゾート」(大阪市北区)が、長期にわたり従業員の残業代を勤務実態よりも少なく支払っていたことが10日、分かった。昨年秋に監査役の指摘で改善したが、過去の不払いは調査していなかった。同社は「不払いがあった可能性がある」と認め、30ホテルの従業員約2000人を対象に調査を行い、確認分を払う方針を決めた。
 大和リゾートは、従業員の残業目標時間を1カ月当たり30時間に設定していた。昨年10月、同社監査役が従業員と面談したところ、30時間を超えて残業している例が複数あり、その分の残業代が支払われていないことがわかったという。監査役は社長に報告、不払いを解消するよう求めた。
 昨年11月中旬に社長名で「きちんと残業代を払う」という通達文をホテル支配人らに出した。だが「従業員から残業分の支払いを求める声がなかった」(浜博文・総務人事部長)との理由で「通達文が出た昨年11月以降に残業代を適正に支払えばいいと判断」(同)したという。
 リゾートは勤務実態を確認しておらず「いつから不払いだったか分からない」(同)としている。労働基準法では、社員が雇用主に不払いの残業代を請求できるのは最長2年間となっている。
 リゾートでは、タイムカードによる出退社の管理をしておらず、フロントや料飲などの部署ごとに従業員別の勤務表で把握していた。ホテル支配人に月間の勤務時間を報告する際、「管理職が30時間以上の時間数を打ち切っていた可能性がある」(同)という。
 大和ハウスは「リゾートから監査内容として報告を受けたのは、社員利用券の不正使用による利益の水増しだけだ」(広報企画室)としている。
 【関連記事】「サービス残業2億7400万円、富士火災が勧告受け支払う 2007/11 3 YOMIURI ONLINE」 / 「百万円以上のサービス残業是正指導、昨年度は1679社に 2007/10/ 5 YOMIURI ONLINE」 / 「サービス残業、首相「監督指導を徹底」…参院で答弁 2007/ 1/31 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】国年法・厚年法 > 保険料未納問題・年金納付率上昇に口座振替導入を提言、検査院が社保庁に(20071110) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・低利用率ならば病床数削減、効率病院改革で総務省懇が指針(20071112) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/17049664

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働基準法 > 労働時間・残業代、長年不払い、大和ハウス系列ホテル(20071111):

» 労働基準法 [ローコスト住宅を建てた管理人が語る!ローコスト住宅@情報バンク]
有給休暇を安心して取得できる会社を選ぶために、労働基準法... [続きを読む]

受信: 2007.11.16 09:02

» 大和ハウスの評判を知りたい! [大和ハウスの評判を知りたい!]
大和ハウスの評判を知りたいんですが。。。このサイトには大和ハウスの評判を知りたい方のために、大和ハウスの評判サイトをそこらじゅうから集めてました。 [続きを読む]

受信: 2007.12.03 02:14

« 【社労士】国年法・厚年法 > 保険料未納問題・年金納付率上昇に口座振替導入を提言、検査院が社保庁に(20071110) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・低利用率ならば病床数削減、効率病院改革で総務省懇が指針(20071112) »