« 【社労士】社会一般常識 > 少子化対策・学童保育、1施設当たり上限70人、厚労省指針(20071014) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 年金記録確認第三者委員会・新たに43件(20071015) »

2007.10.14

【社労士】労働安全衛生法 > 健康診断・「メタボ腹」基準に異論(20071014)

「メタボ腹」基準に異論 2007/10/14 YOMIURI ONLINE

 「男85センチは平均的」

 おなかに脂肪がたまるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群、通称メタボ)の診断基準を巡り、専門家から異論が相次いでいる。
 基準の一つであるウエストサイズ(腹囲)が、女性で90センチ以上なのに対し、男性は85センチ以上と、諸外国に比べても厳しいなどが理由だ。この症候群の人を見つける「特定健診・保健指導」が来年度に始まるが、「これでは健康な人まで『異常』と判定される」との指摘もあり、日本肥満学会などは今後、診断基準に関する委員会を開き、基準の見直しの必要性を検討するとしている。
 この症候群は、腹囲に加え、血圧、空腹時血糖、血中脂質のうち2項目以上で異常があった場合に診断される。特定健診・保健指導は、40~74歳が対象で、現在の健診の項目に腹囲測定が新たに加わる。
 内臓脂肪は、内臓の周りにたまる脂肪のこと。画像診断で、へその位置の胴回りの内臓脂肪面積が一定以上の場合、糖尿病や心筋梗塞(こうそく)などを引き起こす恐れが高まるとして、日本肥満学会などが、内臓脂肪面積を基に腹囲の基準を定めた。
 だが、国際的にみても、男性の方が厳しい基準となっているのは日本だけだ。
 米国の指針では、男性102センチ超、女性88センチ超を腹囲の基準としている。 約160の国と地域の医師らで作る国際糖尿病連合の基準では、欧州で男性94センチ以上、女性80センチ以上、中国・南アジアは男性90センチ以上、女性80センチ以上だ。日本人についても今年、男性90センチ以上、女性80センチ以上との基準を打ち出した。
 同連合副会長で中部労災病院(名古屋市)の堀田饒(にぎし)院長は「男性の方が女性より厳しいのはおかしい。腹囲が85センチぐらいの男性は平均的で最も多く、健康な人でも基準に引っかかる恐れが強い」と指摘する。
 診断基準をまとめた住友病院(大阪市)の松沢佑次院長は「腹囲の基準を超えたら病気、基準以下なら健康ということではない。女性の基準値が緩いのは皮下脂肪が多いため。女性の方が心筋梗塞などは少なく、現時点では大きな問題はない」としながらも、異論があることを考慮し、「今後、診断基準の見直しの必要性を検討する」と話している。

 【関連記事】「気をつけて!メタボリック予防、職場健診で腹囲測定実施へ 2007/ 4/25 YOMIURI ONLINE」 / 「職場でもメタボ健診「腹囲測定が必要」…厚労省検討会 2007/ 3/ 7 YOMIURI ONLINE」 / 「定期健診でウエスト測定 厚労省案に経団連反発 2007/ 2/16 asahi.com
 【コメント】測定することに反対が出たウエストについて、問題とすべき基準に関して物議が持ち上がっている。これならば、ウエスト測定が果たして必要であるかどうか、再び問題になりかねない。さて、ウエストは測るべきか、測らぬべきか。

|

« 【社労士】社会一般常識 > 少子化対策・学童保育、1施設当たり上限70人、厚労省指針(20071014) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 年金記録確認第三者委員会・新たに43件(20071015) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16757552

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働安全衛生法 > 健康診断・「メタボ腹」基準に異論(20071014):

» ◆メタボの量産?⇒世界の基準を無視した国内診断基準の目的は。。。 [明日への道しるべ@ジネット別館]
 1.始めに おなかに脂肪がたまるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群、通称メタボ)の診断基準を巡り、専門家から異論が相次いでいる。「メタボとは」、「その判断基準」は、「なぜ、異論」がでるのかなど整理した。 2.メタボリックシンドローム1)内臓脂肪...... [続きを読む]

受信: 2007.10.14 19:13

» メタボリックシンドローム [メタボリックシンドローム研究サイト]
メタボリックシンドロームを総合的に考えるサイトです。メタボリックシンドロームに関するRSS情報を付記しました。 [続きを読む]

受信: 2007.10.14 19:36

« 【社労士】社会一般常識 > 少子化対策・学童保育、1施設当たり上限70人、厚労省指針(20071014) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 年金記録確認第三者委員会・新たに43件(20071015) »