« 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・新人材バンク、業務の根幹は民間委託、制度素案(20071020) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・非正社員の待遇、来春闘の重点に、連合(20071021) »

2007.10.21

【社労士】労働安全衛生法 > 健康診断・「メタボ」認知度向上への数値目標、導入は17府県どまり(20071020)

「メタボ」認知度向上への数値目標、導入は17府県どまり  2007/10/20 NIKKEI NET

 生活習慣病の原因とされるメタボリック症候群の認知度向上のため数値目標を導入したのは17府県にとどまることが、政府が近く閣議決定する「2007年版食育白書」で明らかになった。調査は6月末時点。政府は食生活の改善に向けた国民運動を呼びかけているものの、地域の取り組みは遅れがちだ。
 目標を掲げているのは大阪府と新潟、静岡、和歌山、山口、佐賀などの各県。内臓脂肪の解消には適切な食生活や運動が有効とされ、内容を正しく理解する住民の割合の目標を80%とする自治体が多い。大阪は現状の52%から11年度に80%に高める計画だ。
 【関連記事】「「メタボ腹」基準に異論 2007/10/14 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・新人材バンク、業務の根幹は民間委託、制度素案(20071020) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・非正社員の待遇、来春闘の重点に、連合(20071021) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16826718

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働安全衛生法 > 健康診断・「メタボ」認知度向上への数値目標、導入は17府県どまり(20071020):

« 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・新人材バンク、業務の根幹は民間委託、制度素案(20071020) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・非正社員の待遇、来春闘の重点に、連合(20071021) »