« 【社労士】労働一般常識 > ワーク・ライフ・バランス、長時間労働者の半減など数値目標設定へ、政府作業部会(20071018) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・公務員に労働協約締結権、政府調査会検討(20071018) »

2007.10.21

【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・喫煙率12年連続26%、JT調査、女性は2年ぶり増(20071018)

喫煙率12年連続減26%…JT調査 女性は2年ぶり増 2007/10/18 YOMIURI ONLINE

 日本たばこ産業(JT)が17日発表した「全国たばこ喫煙者率調査」によると、成人男女でたばこを吸う人の割合を示す喫煙者率は前年より0・3ポイント減の26・0%となり、12年連続で過去最低を更新した。10年前と比べると8・6ポイント低い。
 男性の喫煙者率は1・1ポイント減の40・2%で16年連続で減少する一方、女性は0・3ポイント増の12・7%と2年ぶりに増加した。
 年代別では、男女ともに30歳代が最も喫煙者率が高く、男性47・8%、女性18・9%。60歳以上になると男女とも低下し、男性27・8%、女性6・1%だった。
 毎日喫煙する人の1日当たりの平均喫煙本数は、男性が約22本、女性が約16本だった。喫煙者率から推計した喫煙人口は2700万人で、男性2016万人、女性684万人となった。
 【関連記事】「喫煙率11年連続の減少、26.3% JT調べ 2006/11/23 asahi.com

|

« 【社労士】労働一般常識 > ワーク・ライフ・バランス、長時間労働者の半減など数値目標設定へ、政府作業部会(20071018) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・公務員に労働協約締結権、政府調査会検討(20071018) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16826233

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・喫煙率12年連続26%、JT調査、女性は2年ぶり増(20071018):

« 【社労士】労働一般常識 > ワーク・ライフ・バランス、長時間労働者の半減など数値目標設定へ、政府作業部会(20071018) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・公務員に労働協約締結権、政府調査会検討(20071018) »