« 【社労士:労働統計】労働一般 > 失業率・2007年 7月度(20070831) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 企業年金・多数申告漏れ、書類2割、本人届かず(20070831) »

2007.09.02

【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金記録漏れ、第三者委給付認定判断、あっせん計71件に(20070831)

年金問題:あっせん計71件に…第三者委の給付認定判断 2007/ 8/31 MSN-Mainichi INTERACTIVE

 政府の年金記録確認中央第三者委員会は31日、国民年金と厚生年金の各部会を都内で開き、国民年金10件、厚生年金1件について新たに給付を認める判断を示した。また同日までに千葉、静岡など12カ所の地方委員会も国民年金12件、厚生年金2件の給付を決定、中央と地方を合わせたあっせんはこれで計71件となった。
 中央委では国民年金の1件について訂正の必要はないとの判断を示した。これは、申立人が2カ月分の領収書や地区の世話人の預かり証があるのに支払いの記録がないと主張したものだが、本人のパスポートで、この期間は海外に出国し、日本に住所がなかったことが確認されたため、記録訂正はできないと結論付けた。2カ月の負担分については、社会保険庁からの還付手続きなどが取られる見通し。
 【関連記事】「領収書ない年金訂正、2件認めず…第三者委が初判断 2007/ 8/25 YOMIURI ONLINE
 【コメント】8月末に始めて訂正を認めない判断を下した第三者委員会。今回3件目の訂正を認めない判断が下った。この件数はこれからも増え続けることであろう。

|

« 【社労士:労働統計】労働一般 > 失業率・2007年 7月度(20070831) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 企業年金・多数申告漏れ、書類2割、本人届かず(20070831) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16317809

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金記録漏れ、第三者委給付認定判断、あっせん計71件に(20070831):

» 静岡 結婚式 [静岡 結婚式 サイト]
結婚に関する情報サイトです。様々な情報がありますので参考にしてみて下さい。 [続きを読む]

受信: 2007.09.02 15:04

« 【社労士:労働統計】労働一般 > 失業率・2007年 7月度(20070831) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 企業年金・多数申告漏れ、書類2割、本人届かず(20070831) »