« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 診療報酬・時間外診療、厚労省調査で医療現場混乱、回答拒否の医師も(20070907) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 医療問題・「産科救急体制の整備を」学会など厚労相に要望(20070907) »

2007.09.07

【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金保険料横領・郵便局でも着服、4件で計19万円(20070907)

年金保険料、郵便局でも着服…4件で計19万円 2007/ 9/ 7 YOMIURI ONLINE

 社会保険庁や市区町村の職員による国民年金の保険料着服問題で、納入窓口になっている郵便局でも局員が保険料を着服していたケースが2003年4月から今年8月までに計4件あり、被害総額は約19万円だったことが6日、わかった。
 日本郵政公社監査部門によると、04年12月に広島県神石高原町の井関郵便局で非常勤女性職員が5万3200円を、05年5~6月に北九州市の小倉徳力郵便局で主任男性が10万8080円を、06年8月には東京都台東区の浅草橋郵便局で主任男性が1万3300円を、今年6月には大阪市北区の大阪宇治電ビル内郵便局で局長代理の男性が1万4100円を着服していた。
 いずれも窓口に納付された現金をそのまま着服するという単純な手口で、社会保険事務所から被保険者に保険料の督促があり、発覚した。4人とも各地の監査室に摘発された後、送検された。すでに退職していた広島県の非常勤職員を除く3人は懲戒免職となった。着服金はすべて弁済され、納付記録も訂正された。
 同公社監査部門では「少額といえども発覚すれば必ず事件として処理し、厳正に処分する」としている。
 社保庁が3日発表した調査結果では、同庁や市区町村の職員が保険料を着服したり、同庁職員が給付金を不正に受け取ったりしたケースは99件で、被害額は約3億4000万円に上った。このうち同庁職員の不正は50件で、うち27件が刑事告発されたが、残る23件は弁済済みなどを理由に告発は見送られていた。
 【関連記事】「年金着服、不正取得は計99件3億4千万円…自治体職員も 2007/ 9/ 4 YOMIURI ONLINE」 / 「市区町村職員の年金横領、11件未処分 50件発覚 2007/ 9/ 6 asahi.com

|

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 診療報酬・時間外診療、厚労省調査で医療現場混乱、回答拒否の医師も(20070907) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 医療問題・「産科救急体制の整備を」学会など厚労相に要望(20070907) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16368628

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金保険料横領・郵便局でも着服、4件で計19万円(20070907):

» 年金保険料、郵便局でも着服 [トピックスバーストβ2.0]
年金保険料、郵便局でも着服など、年金着服問題のニュースをいち早くチェック! [続きを読む]

受信: 2007.09.07 12:15

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 診療報酬・時間外診療、厚労省調査で医療現場混乱、回答拒否の医師も(20070907) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 医療問題・「産科救急体制の整備を」学会など厚労相に要望(20070907) »