« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働問題・1827市区町村中、513で女性管理職ゼロ(20070911) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > その他・厚労省3分割必要?(20070911) »

2007.09.11

【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・国家公務員の定員、各府省に2年連続で純減要求(20070911)

国家公務員の定員、各府省に2年連続で純減を要求 2007/ 9/11 YOMIURI ONLINE

 総務省は11日、各府省の2008年度機構・定員要求状況をまとめた。
 増員要求は7382人で、定員合理化による減員要求は9207人となった。さらに、配置転換による新卒採用減で704人の減員を見込んでいて、実質ベースでは2529人の純減となる。要求段階での純減は2年連続となる。
 増員のうち、刑務所、入国管理官、検察庁などの治安関係が2165人を占めた。減員では、社会保険庁の政府管掌健康保険部分の非公務員化で、約2000人の減員を見込んでいる。
 【関連記事】「来年度の国家公務員、最多の2129人純減 2006/12/22 NIKKEI NET
 【コメント】政府目標の5年間で5.7%(1万9000人)の純減に向け、毎年続けて行われている純減要求。2007年度の2129人純減を超える減員要求であるが、国民側の意識はあまり減ったように思えないのが正直なところ。より業務効率を目指し、国民が実感できる純減を果たして欲しいものだ。

|

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働問題・1827市区町村中、513で女性管理職ゼロ(20070911) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > その他・厚労省3分割必要?(20070911) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16414226

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・国家公務員の定員、各府省に2年連続で純減要求(20070911):

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働問題・1827市区町村中、513で女性管理職ゼロ(20070911) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > その他・厚労省3分割必要?(20070911) »