« 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・75歳以上の医療費抑制、在宅医療に軸足、厚労省骨子案(20070904) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 少子化対策・医療問題、妊産婦、広域連携で救え(20070905) »

2007.09.05

【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金制度改革・基礎年金の財源、国庫引き上げ不可能なら2049年に破たん(20070905)

公的年金、国庫負担引き上げ不可能なら2049年に破たん 2007/ 9/ 5 YOMIURI ONLINE

 政府・与党が2009年度までに目指す基礎年金の国庫負担の2分の1引き上げが09年度以降も実現しない場合、公的年金の財政は49年に事実上破たんすることが4日、厚生労働省の試算で明らかになった。
 公的年金加入者に関係する基礎年金は、現在、3分の1強が国庫負担だが、04年の年金改革関連法で、09年度までに2分の1に引き上げることが明記された。必要な財源は、消費税で1%分に相当する2・5兆円で、年末の税制改正で財源の確保策を議論する必要があるとされる。
 厚労省の試算は、仮に2・5兆円の財源が確保できず、現状のまま年金を運営した場合を想定。その結果、現在は約150兆円ある年金積立金が49年にはゼロになり、現在20歳前後の人が本来もらえるはずの年金額が大幅に毎年減っていく事態となる。
 政府・与党内では、消費税率の引き上げが実現できない場合は、〈1〉赤字国債の発行〈2〉他の税収を充てる――などの案が検討されている。ただ、いずれも財政悪化が予想され、政府が目標とする11年度基礎的財政収支(プライマリーバランス)黒字化は実現が困難になると見られている。
 【関連記事】「基礎年金の財源消費税率上げで 舛添厚労相 2007/ 8/30 YOMIURI ONLINE」 / 「年金国庫負上げ財源、定率減税廃止分を投入・公明代表 2007/ 7/18 NIKKEI NET」 / 「基礎年金の国庫負担増、増税なしで対応視野 2007/ 1/16 NIKKEI NET
 【コメント】未だ明確にならない基礎年金の財源に対し、業を煮やした厚労省のコメント?そもそも財源がきちんと確保していない段階で、年金制度改革を行ったことが問題なのでは。。

|

« 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・75歳以上の医療費抑制、在宅医療に軸足、厚労省骨子案(20070904) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 少子化対策・医療問題、妊産婦、広域連携で救え(20070905) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16348190

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金制度改革・基礎年金の財源、国庫引き上げ不可能なら2049年に破たん(20070905):

« 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・75歳以上の医療費抑制、在宅医療に軸足、厚労省骨子案(20070904) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 少子化対策・医療問題、妊産婦、広域連携で救え(20070905) »