« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・コムスン介護施設譲渡、ニチイが買収、施設介護最大手に(20070907) | トップページ | 【社労士:社会統計】社会一般 > 少子化対策・2006年の出生数、3万144人増、6年ぶりプラス(20070907) »

2007.09.09

【社労士:労働統計】労働一般 > 雇用問題・2007年8月度労働経済動向調査(20070907)

正社員、パートとも人材不足感続く・8月労働動向調査  2007/ 9/ 7 NIKKEI NET

 厚生労働省が7日に発表した8月の労働経済動向調査によると、正社員など常用労働者が「不足」と答えた企業の割合から「過剰」と答えた割合を引いた過不足判断指数(DI)はプラス27だった。企業の人材不足感が依然として根強いことを裏付けた。特に情報通信や運輸での不足感が強い。パート労働者のDIもプラス24と、不足感が続いている。
 【関連記事】「企業で正社員などの不足感続く・5月の労働経済動向調査 2007/ 6/12 NIKKEI NET
 【コメント】わずかながら不足感が薄らぎつつあるものの、未だに根強く残る人材不足感と言えそうだ。

|

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・コムスン介護施設譲渡、ニチイが買収、施設介護最大手に(20070907) | トップページ | 【社労士:社会統計】社会一般 > 少子化対策・2006年の出生数、3万144人増、6年ぶりプラス(20070907) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16392897

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働統計】労働一般 > 雇用問題・2007年8月度労働経済動向調査(20070907):

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・コムスン介護施設譲渡、ニチイが買収、施設介護最大手に(20070907) | トップページ | 【社労士:社会統計】社会一般 > 少子化対策・2006年の出生数、3万144人増、6年ぶりプラス(20070907) »