« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金保険料横領・職員着服、不正受給、横領15件を内部処理、3件は退職金支給(20070911) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・医療と介護負担合計に上限、年齢と所得で7段階(20070911) »

2007.09.11

【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 政府管掌健康保険、2007年度から赤字転落、厚労省見通し(20070911)

政管健保、07年度から赤字転落・厚労省見通し 2007/ 9/11 NIKKEI NET

 厚生労働省は10日、中小企業のサラリーマンらが加入する政府管掌健康保険(政管健保)の収支状況について、政管健保事業運営懇話会に報告した。2006年度の収支差は1079億円の黒字と4年連続の黒字決算となったものの、07年度以降は赤字に転落する見通しも示した。
 このうち、医療分の収支をみると、06年度は収入が6兆9487億円だったのに対して支出は6兆8370億円で、差し引き1117億円の黒字だった。
 07年度は収入が前年度比2%増の7兆1041億円、支出が6.5%増加の7兆2839億円となり、1798億円の赤字に転落する見通し。07年度は診療報酬改定の年ではなかったため保険給付費が膨らみ財政を圧迫する。
 政管健保では予想以上に保険給付が膨らんだ場合などでも安定的に財政運営するため、事業運営安定資金を積み立てている。06年度決算では4983億円まで積み立てていたが、07年度の残高は3184億円まで減る見通しだ。
 【関連記事】「政管健保、2011年度に最悪8100億円の累積赤字・社保庁試算 2007/ 3/29 NIKKEI NET」 / 「政管健保3年連続の黒字、05年度は1494億円 2006/ 8/ 3 NIKKEI NET
 【コメント】2004年に2464億円の黒字、2005年に1494億円の黒字ではあるものの、減少しつつある黒字幅。そもそも2003年は保険料算出を総報酬制に切り替え、それに伴い本来であれば可能だった保険料率引き下げを行わなかったことによる黒字、2004年は景気拡大による被保険者数増加に加え、老人保健制度への拠出金減少が重なったという幸運が続いたに過ぎない。健康保険組合で黒字を維持し続けているところがある以上、赤字転落を「しょうがないこと」と納得せず、少しでも収支改善が出来るように政管健保で何らかの取り組みを行って欲しいものだが。。

|

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金保険料横領・職員着服、不正受給、横領15件を内部処理、3件は退職金支給(20070911) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・医療と介護負担合計に上限、年齢と所得で7段階(20070911) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16411746

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 政府管掌健康保険、2007年度から赤字転落、厚労省見通し(20070911):

» ターボジャム [ターボジャムdvdの紹介]
ターボジャム 10日間ダイエット・エクササイズ [続きを読む]

受信: 2007.09.11 11:56

» 健康保険 給付 [保険のうんちく]
今の時代は国民健康保険料すら払えない人がたくさんいます。そこで健康保険加入や医療保険比較など、健康保険や医療保険について少し勉強してみましょう。私保険の活用ルール#12316;労災と私保険#12316;業務外の病気・怪我に関しては、健康保険の傷病手当金をベー..... [続きを読む]

受信: 2007.09.17 00:24

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金保険料横領・職員着服、不正受給、横領15件を内部処理、3件は退職金支給(20070911) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・医療と介護負担合計に上限、年齢と所得で7段階(20070911) »