« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・外食と小売りのパート雇用、「正社員並み」半数企業で、日経調査(20070922) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用対策法・求人の年齢制限禁止、10月1日施行(20070923) »

2007.09.23

【社労士】労働基準法 > 労働時間・サービス残業、ヤマト運輸に労働時間改ざんの疑い、関西支社に是正勧告(20070923)

ヤマト運輸に労働時間改ざんの疑い、関西支社に是正勧告 2007/ 9/23 YOMIURI ONLINE

 宅配便最大手「ヤマト運輸」(本社・東京都中央区)が、大阪市内の集配センターなど2か所で宅配ドライバーらにサービス残業(賃金未払い残業)をさせていたとして、大阪南労働基準監督署が労働基準法違反で是正勧告をしていたことがわかった。
 同社は、ドライバーにコンピューター端末「ポータブルポス(PP)」を携帯させ、出勤・退勤時刻を記録、管理しているが、給与計算の基となる勤怠記録が実際の端末記録と異なり、労働時間が短くなっていたケースが判明。記録改ざんの疑いもあり、同労基署は関西支社(大阪市)に対し、大阪市内のセンターなどを管轄する大阪主管支店管内の従業員に過去2年間の未払い賃金を支払い、10月末までに改善報告書を提出するよう命じた。また、関西支社管内の全従業員約2万2000人の過去2年間の労働実態を調査のうえ、サービス残業があれば未払い賃金を支払うよう是正指導した。
 ヤマト運輸広報課の話「従業員がタイムスケジュール通りに業務を行わなかったためで、サービス残業を行わせたわけではない。2か所以外のセンターでは問題はないと考えている。勤怠記録とPPの記録に差異があったかどうかは、労使協議にかかわるので詳しくお答えする必要はない」
 【関連記事】「サービス残業、首相「監督指導を徹底」…参院で答弁 2007/ 1/31 YOMIURI ONLINE
 【コメント】ホワイトカラー・エグゼンプション導入を実現するため、サービス残業への監視を強めている労働基準監督署。会社として「サービス残業」の意識がなくとも、サービス残業とみなされる可能性が強くなっている点に注意が必要であろう。

|

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・外食と小売りのパート雇用、「正社員並み」半数企業で、日経調査(20070922) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用対策法・求人の年齢制限禁止、10月1日施行(20070923) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16543153

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働基準法 > 労働時間・サービス残業、ヤマト運輸に労働時間改ざんの疑い、関西支社に是正勧告(20070923):

» ヤマト運輸 労働時間改ざんか [トピックスバーストβ2.0]
ヤマト運輸 労働時間改ざんかなど、サービス残業問題のニュースをいち早くチェック! [続きを読む]

受信: 2007.09.23 15:07

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・外食と小売りのパート雇用、「正社員並み」半数企業で、日経調査(20070922) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用対策法・求人の年齢制限禁止、10月1日施行(20070923) »