« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録確認第三者委員会、「消えた年金」回復作業、申請3000件、認定29件(20070908) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 育児休業・育児休業再取得可能に、出産後原則1年以内なら、厚労省検討(20070909) »

2007.09.09

【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 診療報酬・産科勤務医の診療報酬上げ、厚労相方針(20070908)

産科勤務医の診療報酬上げ、厚労相が方針 2007/ 9/ 8 NIKKEI NET

 舛添要一厚生労働相は8日午前、地方を中心に深刻化している産科の医師不足問題について「勤務医の勤務環境が非常に悪い。やはり報酬という面で見てあげないと。それはやりたい」と述べ、勤務医の診療報酬を引き上げる方針を示した。民放番組出演後、記者団に語った。
 医師の過失を立証できなくても患者に金銭補償する無過失補償制度に関しては「まず脳性まひのケースについて具体的にスタートさせる」と強調。産科医減の原因の一つとして医療事故による訴訟リスク問題があることを踏まえ、制度導入に向け具体策作りを進めていることを明らかにした。
 再調査を進めている社会保険庁の職員による年金保険料の横領問題については、個々の事例に対する処分や公表の状況を10日午後までに明らかにする考えを示した。
 【関連記事】「「産科救急体制の整備を」学会など厚労相に要望 2007/ 9/ 7 asahi.com」 / 「産科・救急の診療報酬上げ検討 医師不足対策に重点 2007/ 8/ 8 asahi.com
 【コメント】労働環境改善のため、少なくとも報酬面だけはカバーしようという考えを打ち出した厚労相。だが、単純に診療報酬引き上げだけで解決できる問題ではなく、引き上げ後の次の一手を求められるのは確か。果たして、次の一手が準備できるか。。

|

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録確認第三者委員会、「消えた年金」回復作業、申請3000件、認定29件(20070908) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 育児休業・育児休業再取得可能に、出産後原則1年以内なら、厚労省検討(20070909) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16393160

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 診療報酬・産科勤務医の診療報酬上げ、厚労相方針(20070908):

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録確認第三者委員会、「消えた年金」回復作業、申請3000件、認定29件(20070908) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 育児休業・育児休業再取得可能に、出産後原則1年以内なら、厚労省検討(20070909) »