« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・介護報酬不正請求、コムスン不正受給による返還金は「4割増」(20070901) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 健康保険組合・厚労省、政管健保継承組織に準備金積立要請(20070902) »

2007.09.02

【社労士:社会関連情報】社会一般 > 少子化対策・妊婦無料健診倍増へ、桝添厚労相表明(20070901)

妊産婦の無料検診倍増へ・舛添厚労相表明 2007/ 9/ 1 NIKKEI NET

 舛添要一厚生労働相は31日、母親や胎児の健康状況を診断する無料の妊産婦検診について「何とか10回くらいまではできるようにしたい」と述べ、現在の5回から10回程度まで増やす方針を表明した。少子化傾向に歯止めをかけるため妊産婦への支援を強化する。同日、厚労省内で会談した公明党の太田昭宏代表に語った。
 現行制度では費用の全額を国が負担する無料検診は5回まで。通常は1回5000―1万5000円程度かかり、出産までの検診回数は平均14回にのぼる。出産世帯には重い負担になっている。厚労相は地方での助産師不足についても「しっかり増やしたい」と述べ、対策を検討する考えを強調した。
 【関連記事】「妊婦無料健診:07年度以降、5回程度に 厚労省通知 2007/ 3/ 3 MSN-Mainichi INTERACTIVE
 【コメント】2007年初頭に明らかにした厚労省の通知に基づき、現在5回までとなっている妊婦の無料健診回数。だが、平均14回と言われる健診から考えれば、まだ半分も補填できていないという実情。現在5回の倍の10回を無料にしようという考えであるが、少子化対策費用も既に限界に近い。どこから捻出するかで、実現の可能性が決まりそうだ。

|

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・介護報酬不正請求、コムスン不正受給による返還金は「4割増」(20070901) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 健康保険組合・厚労省、政管健保継承組織に準備金積立要請(20070902) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16318499

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 少子化対策・妊婦無料健診倍増へ、桝添厚労相表明(20070901):

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・介護報酬不正請求、コムスン不正受給による返還金は「4割増」(20070901) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 健康保険組合・厚労省、政管健保継承組織に準備金積立要請(20070902) »