« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・介護報酬不正請求、コムスンなど10事業所、事業者指定取り消し処分(20070910) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金保険料横領・職員着服、不正受給、15件は身内で処理(20070910) »

2007.09.10

【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・介護報酬不正請求、コムスン、不正請求総額12億円以上に、6月時点の3倍(20070910)

コムスン、不正請求総額12億円以上に 6月時点の3倍 2007/ 9/10 asahi.com

 訪問介護大手のコムスン(東京都港区)が介護報酬を不正請求していた問題で10日、同社の不正請求や不適切な請求の総額が、5日現在で全国の延べ367事業所で計12億3919万円にのぼることが厚生労働省のまとめで分かった。6月15日時点では202事業所で4億3053万円だったが、3倍近くに膨らんだ。
 10日午後に都内で開かれた都道府県や市町村の担当者を集めた会議で公表された。
 指定取り消し処分を受けた事業所は32あり、不正請求の返還額は10億686万円にのぼる。さらに東京都はこの日、都内2事業所を取り消し処分、3事業所を「取り消し相当」と発表した。このほか、取り消し処分には該当しないが、時間外労働の請求の誤りなどの不適切な請求が、291事業所で2億2068万円あった。
 また、訪問介護以外の事業所でも、延べ44事業所で不正や不適切な請求が1165万円あった。
 【関連記事】「コムスンなど10事業所、指定取り消し処分 東京都 2007/ 9/10 asahi.com」 / 「コムスン、202事業所で不正請求 返還4億3千万円 2007/ 8/15 asahi.com

|

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・介護報酬不正請求、コムスンなど10事業所、事業者指定取り消し処分(20070910) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金保険料横領・職員着服、不正受給、15件は身内で処理(20070910) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16407591

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・介護報酬不正請求、コムスン、不正請求総額12億円以上に、6月時点の3倍(20070910):

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・介護報酬不正請求、コムスンなど10事業所、事業者指定取り消し処分(20070910) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金保険料横領・職員着服、不正受給、15件は身内で処理(20070910) »