« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 外国人研修生も労働法で保護、経財会議調査会(20070831) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保険庁改革・社会保険庁改革まだ端緒、村瀬長官退任会見(20070831) »

2007.09.02

【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金保険料横領・社保庁職員の着服と不正受領、12年間で1億1300万円(20070831)

社保庁職員の着服と不正受領、12年間で1億1300万円 2007/ 8/31 YOMIURI ONLINE

 社会保険庁は31日、昨年までの12年間で、職員による社会保険料の着服と年金給付金の不正受領の件数が26件あり、総額が約1億1300万円だったことを明らかにした。
 民主党の山井和則衆院議員の質問主意書に回答した。
 同庁によると、26件のうち、年金保険料を納めに来た人の現金を着服したケースが17件で、計約3100万円に上った。最も額が大きかったのは、1998年に発覚した東京・旧蒲田社会保険事務所の事例で、1人の職員が、133人分の国民年金保険料1266万円を着服していた。
 保険料が着服された被保険者や事業者は「未納」状態になり、社保事務所などから電話や文書で督促されるため、その時点でおかしいと気づき、発覚することが多かったという。
 残りの9件は、架空の年金受給者名を作り、その名前で作った口座に給付金を振り込ませて不正に受け取るなどの手口とみられる。
 同庁では1999年2月に横領などの不正事案を公表して以降、同様の不正事案については、すべて公表している。
 【関連記事】「偽の領収書発行で保険料着服も 年金記録問題検証委調査 2007/ 8/23 asahi.com」 / 「年金着服:特例納付でも 社保庁把握5件のうち1件 2007/ 8/16 MSN-Mainichi INTERACTIVE」 / 「社保庁職員:年金着服1億3千万円 24人が12年間で 2007/ 8/ 3 MSN-Mainichi INTERACTIVE
 【コメント】年金保険料着服問題で検証を続ける年金記録問題検証委員会と社会保険庁。先日年金記録問題検証委員会が調査結果を発表したばかりであるが、今回の調査結果提示は社会保険庁から。以前の着服とほぼ件数・着服額は変わっていないようであるが、まだまだ年金記録問題検証委員会の調査は終わっていない。増える可能性が高い。

|

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 外国人研修生も労働法で保護、経財会議調査会(20070831) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保険庁改革・社会保険庁改革まだ端緒、村瀬長官退任会見(20070831) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16318192

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金保険料横領・社保庁職員の着服と不正受領、12年間で1億1300万円(20070831):

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 外国人研修生も労働法で保護、経財会議調査会(20070831) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保険庁改革・社会保険庁改革まだ端緒、村瀬長官退任会見(20070831) »