« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > ワーク・ライフ・バランス・女性の労働で「雇用増」、内閣府、育児と両立効果試算(20070817) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 障害者自立支援法・障害者の1割自己負担凍結、民主が支援法改正案提出へ(20070819) »

2007.08.18

【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・コムスン第三者委、老人ホーム譲渡で数社と面談(20070817)

コムスン第三者委、老人ホーム譲渡で数社と面談 2007/ 8/17 asahi.com

 コムスンの事業譲渡先を選定している同社の第三者委員会(5人、堀田力委員長)は17日、有料老人ホーム事業の譲渡先を最終的に応募のあった52社から数社に絞り込み、事務局の弁護士らが経営陣と直接面談したことを明らかにした。厚生労働省などと意見交換し、月末までに譲渡先を決定する。
 第三者委は当初、経営陣との面談はせず書類審査だけの予定だった。だが、東京都が審査基準が不透明と指摘したこともあり、経営者の法令順守に対する考え方などを事務局を通じて聞くことにした。
 分割譲渡される訪問介護事業には、最終的に252法人、延べ675件の応募があった。都道府県ごとに数社に絞り込んでから経営陣と面談し、自治体の意見も踏まえて9月上旬に決めたいという。ただ、応募が多いため、決定は9月下旬までずれ込む可能性が高い。
 【関連記事】「コムスン事業譲渡先を公募、第三者委が評価 2007/ 7/28 NIKKEI NET」 / 「コムスン在宅介護引き受け応募、47都道府県で1012件 2007/ 8/11 NIKKEI NET

|

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > ワーク・ライフ・バランス・女性の労働で「雇用増」、内閣府、育児と両立効果試算(20070817) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 障害者自立支援法・障害者の1割自己負担凍結、民主が支援法改正案提出へ(20070819) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16156176

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・コムスン第三者委、老人ホーム譲渡で数社と面談(20070817):

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > ワーク・ライフ・バランス・女性の労働で「雇用増」、内閣府、育児と両立効果試算(20070817) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 障害者自立支援法・障害者の1割自己負担凍結、民主が支援法改正案提出へ(20070819) »