« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保険庁改革・日本年金機構、再生会議がきょう初会合、職員の線引き難航も(20070823) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・国家公務員3種試験、申込者数が最少に(20070823) »

2007.08.23

【社労士:労働関連情報】労災法 > アスベスト災害・旧国鉄職員に高リスク、91人認定58人死亡(20070823)

石綿労災:旧国鉄職員に高いリスク 91人認定58人死亡 2007/ 8/23 MSN-Mainichi INTERACTIVE

 業務に伴いアスベスト(石綿)を吸い、中皮腫など石綿関連病になったとして労災認定などを受けた旧国鉄職員が91人に達し、うち58人が死亡していたことが、国鉄労働組合の入手した鉄道・運輸機構の資料で分かった。特に工場部門や機関区の勤務者が多かった。また健康診断受診者の5人に1人という極めて高い割合で、石綿特有の病変「胸膜肥厚斑」が確認されており、石綿被害の危険性が高い仕事だったことが浮き彫りになった。
 同機構国鉄清算事業本部の資料によると、認定者は04年以降徐々に増え、今年1月からの半年間で29人に達した。累計認定者91人のうち中皮腫が51人、肺がんが19人などだった。職種は、機関車などの検査や修理、解体に携わった工場部門の人が58人、機関区が14人などだった。
 認定者の多い職場は、▽札幌市・苗穂工場12人(うち死者4人)▽神戸市・鷹取工場、同機関区7人(同5人)▽静岡県・浜松工場6人(同3人)▽神奈川県・大船工場5人(同4人)▽秋田市・土崎工場5人(同2人)▽長野市・長野工場4人(同4人)▽鳥取県・後藤工場4人(同2人)▽北九州市・小倉工場3人(同2人)--など。
 【関連記事】「故東大教官、実験で石綿吸い中皮腫に 文科省が認定 2007/ 7/31 asahi.com」 / 「海保、元職員に石綿による公務災害認定 2007/ 7/19 NIKKEI NET」 / 「石綿で中皮腫、自衛隊で3人公務災害 2007/ 7/11 asahi.com
 【コメント】明らかにアスベストを取り扱っている業務ではない人たちから出始めている、アスベスト災害に関わる労災申請。わずかでもアスベストを取り扱っている場合、細かに検診をしてみる必要がありそうだ。

|

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保険庁改革・日本年金機構、再生会議がきょう初会合、職員の線引き難航も(20070823) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・国家公務員3種試験、申込者数が最少に(20070823) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16209431

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働関連情報】労災法 > アスベスト災害・旧国鉄職員に高リスク、91人認定58人死亡(20070823):

» 石綿労災 旧国鉄職員高リスク [トピックスバーストβ2.0]
石綿労災 旧国鉄職員高リスクなど、アスベスト健康被害のニュースをいち早くチェック! [続きを読む]

受信: 2007.08.23 10:32

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保険庁改革・日本年金機構、再生会議がきょう初会合、職員の線引き難航も(20070823) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・国家公務員3種試験、申込者数が最少に(20070823) »