« 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・社会医療法人に法人税優遇(20070810) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 決算・厚生年金は2年連続黒字、国民年金は赤字(20070810) »

2007.08.12

【社労士】国年法・厚年法 > 保険料未納問題・国民年金保険料納付率、4年ぶりに低下し、66.3%(20070810)

国民年金保険料の納付率、4年ぶり低下し66・3%に 2007/ 8/10 YOMIURI ONLINE

 社会保険庁は10日、2006年度の国民年金保険料の納付率が前年度から0・8ポイント低い66・3%となったと発表した。
 納付率が下がるのは4年ぶり。社保庁をめぐる一連の不祥事で年金不信に歯止めがかからない中、保険料の徴収が進んでいないためだ。07年度は、年金記録漏れ問題などで納付率がさらに低下すると見られており、社保庁が目標に掲げる「07年度に納付率80%」の達成は困難な情勢となっている。
 社保庁の06年度の納付率目標は74・5%で、実績はこれより約8ポイント低かった。社保庁は納付率低下の要因として、06年度に発覚した保険料不正免除問題をめぐって、職員が記録の修正などの対応に追われ、保険料の徴収業務に振り向ける労力が足りなくなったことを挙げている。保険料不正免除問題は、見かけ上の納付率をアップさせる目的で、社会保険事務所の職員が本人の了承を取らずに保険料免除の手続きを行ったもので、全国で約35万件に上った。
 07年度は、年金記録漏れ問題で各地の社会保険事務所などに年金記録の問い合わせが殺到し、職員はその対応などに追われている。06年度と同様に、徴収業務にあたる職員を十分に確保できていないとみられる。
 納付率は、01年度までは70%以上だったが、02年度に62・8%に下落。その後は、回復傾向にあり、05年度は67・1%となっていた。
 【関連記事】「年金納付率いまだ公表されず 野党「選挙前 意図的」 2007/ 7/28 asahi.com」 / 「社保庁:保険料納付率の80%引き上げ目標を事実上断念 2007/ 6/28 MSN-Mainichi INTERACTIVE」 / 「国民年金保険料の納付率、低下に拍車 2007/ 6/10 NIKKEI NET」 / 「国民年金納付率は67.1% 目標には届かず 2006/ 9/12 asahi.com」 / 「国民年金保険料の納付率、目標未達成が確実に・・・前年度 2006/ 5/14 YOMIURI ONLINE
 【コメント】予想通り、目標を下回るどころか、前年(2005年度)の納付率をも下回る、66.3%の納付率。2007年度はさらに低下することが予想される。もはや納付率向上は夢のまた夢か。。

|

« 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・社会医療法人に法人税優遇(20070810) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 決算・厚生年金は2年連続黒字、国民年金は赤字(20070810) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16088353

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】国年法・厚年法 > 保険料未納問題・国民年金保険料納付率、4年ぶりに低下し、66.3%(20070810):

« 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・社会医療法人に法人税優遇(20070810) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 決算・厚生年金は2年連続黒字、国民年金は赤字(20070810) »