« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金保険料・「年金保険料流用禁止法案」、参院に提出(20070809) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録確認第三者委員会、申し立てへの事務作業、大幅遅れ(20070810) »

2007.08.10

【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働問題・国内企業の3分の2に女性管理職、厚労省調査(20070810)

国内企業の3分の2に女性管理職・厚労省調査 2007/ 8/10 NIKKEI NET

 女性管理職がいる企業は国内の企業の3分の2に――。厚生労働省の調査によると係長以上の女性管理職がいる企業は66.6%で前回調査(2003年度)の62.5%を4.1ポイント上回った。
 産業別では医療・福祉(96.4%)や飲食店・宿泊業(82.3%)、金融・保険業(80.2%)で女性管理職がいる企業の割合が高く、電気・ガス・水道(39.7%)や製造業(58.9%)などでは低い。
 ただ管理職にしめる女性の割合は前回調査比1.1ポイント上昇の6.9%にとどまる。女性を管理職に登用する企業は増えているが、人数自体は男性に比べてまだ少ない。
 【関連記事】「女性管理職ゼロが4割…独立行政法人・特殊法人・認可法人 2007/ 7/ 3 YOMIURI ONLINE」 / 「女性管理職の登用進まず・男女共同参画白書 2007/ 6/19 NIKKEI NET」 / 「「女性登用は社会的責任」、企業の認識27%どまり 2006/10/22 NIKKEI NET
 【コメント】「独立行政法人、特殊法人、許可法人での女性管理職ゼロ」が4割の状況に比べれば、まだ幾分ましだが、似た状況であるのは変わらない。女性を管理職に登用するかどうかは企業に一任されているとは言え、政府としては何とか政策等で登用数増加へと誘導していきたいところであろう。

|

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金保険料・「年金保険料流用禁止法案」、参院に提出(20070809) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録確認第三者委員会、申し立てへの事務作業、大幅遅れ(20070810) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16063638

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働問題・国内企業の3分の2に女性管理職、厚労省調査(20070810):

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金保険料・「年金保険料流用禁止法案」、参院に提出(20070809) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録確認第三者委員会、申し立てへの事務作業、大幅遅れ(20070810) »