« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録漏れ、対策システム開発には13億円も(20070823) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保険庁改革・日本年金機構、再生会議初会合、社保庁後継、2008年5月に最終報告(20070823) »

2007.08.24

【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録漏れ担当の2部長更迭、社保庁が引責人事(20070823)

年金記録漏れ担当の2部長更迭、社保庁が引責人事 2007/ 8/23 YOMIURI ONLINE

 社会保険庁は23日、年金記録漏れ問題を担当する青柳親房運営部長と清水美智夫総務部長を事実上、更迭するなどの24日付人事を発令した。
 青柳運営部長は厚生労働省九州厚生局長に、清水総務部長は北海道厚生局長にそれぞれ異動する。長官に次ぐ要職の部長が地方の出先機関に異動するのは、異例だ。
 青柳、清水両部長は年金問題を巡り、国会での答弁や与野党議員への説明などにあたってきた。今回の人事は「一連の混乱を招いた引責」(厚労省幹部)だと受け止められている。
 その他の人事は次の通り。▽総務部長・東京社会保険事務局長併任(東京社会保険事務局長)吉岡荘太郎▽運営部長(統括管理官)石井博史▽社会保険大学校長(農林水産省官房審議官)貝谷伸▽社会保険業務センター所長(総務課長)中野寛▽国立病院機構管理担当理事(社会保険業務センター所長)皆川尚史
 【コメント】「引責人事」と言ってはいるが、今ひとつ納得感なしと思えるのが受給者の感情ではあるまいか。。

|

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録漏れ、対策システム開発には13億円も(20070823) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保険庁改革・日本年金機構、再生会議初会合、社保庁後継、2008年5月に最終報告(20070823) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16220009

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録漏れ担当の2部長更迭、社保庁が引責人事(20070823):

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録漏れ、対策システム開発には13億円も(20070823) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保険庁改革・日本年金機構、再生会議初会合、社保庁後継、2008年5月に最終報告(20070823) »