« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 外国人労働問題・中国人実習生不正派遣、窓口団体関係企業が仲介(20070829) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金加入期間・「納付短縮」与党に浮上、石原政調会長も検討(20070829) »

2007.08.29

【社労士:社会統計】社会一般 > 厚生労働白書・2007年版厚生労働白書(20070829)

07年版厚労白書:開業医重視を提言 国民に意識改革迫る 2007/ 8/29 MSN-Mainichi INTERACTIVE

 厚生労働省は28日、07年版の厚生労働白書をまとめた。医療費抑制を念頭に、全303ページ中161ページを副題でもある「医療構造改革の目指すもの」に費やした。行政や企業への注文だけでなく国民に対しても、むやみに大病院に行かず身近な開業医に足を向けることなど「フリーアクセス」(どんな医療機関にでもかかることが可)という日本の医療提供の大原則を踏み出して個人の意識変革を迫っている。
 白書は「保健医療の現状と課題」として、医師不足などのほか、在宅医療をする診療所の割合の低下、大病院への患者集中などを挙げた。自己負担増による医療費抑制策が短期的な効果にとどまってきた点を指摘し、「予防重視」への転換を訴えている。
 今後の方向としては、総合医としての開業医育成、診療所と大病院の役割分担、勤務医の負担軽減を唱えた。企業には労働時間短縮による従業員の健康確保などを要望し、国民には節制のほか、「望ましい受療行動」としてかかりつけ医を持つよう求めている。
 開業医の重視は、在宅医療推進による医療費抑制の意図が込められている。白書には「本来医療は不確実な側面を有し、期待が完全に満たされるとは限らない。(その認識が)医療従事者と患者の間の信頼関係悪化を食い止める」と記し、開業医不信に基づく患者の大病院志向を戒めている。
 【関連記事】「少子化要因は育児世代の長時間労働…厚生労働白書 2006/ 9/ 8 YOMIURI ONLINE
 【コメント】昨年・一昨年と2年連続して「ワーク・ライフ・バランス」を訴えた厚生労働白書であるが、今年度版の内容は、医療費に関する問題。特に医師不足は深刻な事態と捕らえている様子。「予防」を訴える白書に国民はどのように応えていくか。

|

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 外国人労働問題・中国人実習生不正派遣、窓口団体関係企業が仲介(20070829) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金加入期間・「納付短縮」与党に浮上、石原政調会長も検討(20070829) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16273639

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会統計】社会一般 > 厚生労働白書・2007年版厚生労働白書(20070829):

» 前立腺マッサージ [前立腺マッサージ]
前立腺マッサージについての情報です。前立腺マッサージで悩んでいる方はみて下さい。 [続きを読む]

受信: 2007.08.29 09:21

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 外国人労働問題・中国人実習生不正派遣、窓口団体関係企業が仲介(20070829) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金加入期間・「納付短縮」与党に浮上、石原政調会長も検討(20070829) »