« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 少子化対策・宙に浮く「安倍構想:方針不明で省庁動けず(20070826) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働基準法 > 労働時間・仕事と家庭両立後押し、厚労省、中小企業に助成金(20070827) »

2007.08.27

【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働問題・子育て配慮した職場、東芝が首位、2007年「働きやすい会社」調査(20070826)

子育て配慮した職場、東芝が首位・07年「働きやすい会社」調査 2007/ 8/26 NIKKEI NET

 日本経済新聞社が主要企業を対象に実施した2007年「働きやすい会社」調査がまとまった。評価項目別では東芝が「子育てに配慮した職場づくり」で首位になるなど、育児支援や社内公募制といった働く環境の整備に力を注ぐ企業が高い評価を受けた。企業別ランキングの総合1位は3年連続で松下電器産業。同2位はNECだった。(詳細を27日付日本経済新聞、日経産業新聞に掲載)
 「働きやすい会社」は日経リサーチの協力を得て実施し、今年で5回目。回答企業は399社で、同時に実施したビジネスパーソン調査は2600人から回答を得た。各社の人事・労務制度の充実度を点数で算出し、ビジネスパーソンが重視すると答えた制度に得点を傾斜配分。総合評価に加え、4つの項目でランキングを作成した。
 【関連記事】「「首都圏の185企業、育児に積極的」厚労省が認定 2007/ 7/19 YOMIURI ONLINE
 【コメント】少子化対策が行われているからこそ首位になったのではなく、少子化対策に万全な体制で取り組めるほどゆとりのある職場であるが故、首位を獲得できたと考えるべきであろう。政府としても、今後は「ゆとりのある職場」を構築できるよう、企業を誘導すべきといったところか。

|

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 少子化対策・宙に浮く「安倍構想:方針不明で省庁動けず(20070826) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働基準法 > 労働時間・仕事と家庭両立後押し、厚労省、中小企業に助成金(20070827) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16251751

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働問題・子育て配慮した職場、東芝が首位、2007年「働きやすい会社」調査(20070826):

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 少子化対策・宙に浮く「安倍構想:方針不明で省庁動けず(20070826) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働基準法 > 労働時間・仕事と家庭両立後押し、厚労省、中小企業に助成金(20070827) »