« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > がん対策基本法・がん患者、緩和ケア充実を訴え、広島で2000人が集会(20070827) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・司法修習生、就職先未定が100人超す、日弁連調査(20070827) »

2007.08.27

【社労士:社会関連情報】健康保険法・国年法・厚年法 > 未加入問題・派遣添乗員、健保未加入に疑い、阪急交通社系列立ち入り(20070827)

派遣添乗員、健保未加入の疑い 阪急交通社系列立ち入り 2007/ 8/27 asahi.com

 旅行ツアーの派遣添乗員が社員並みに働きながら、厚生年金保険と健康保険に加入させていない疑いがあるとして、大阪社会保険事務局は27日、添乗員の派遣元の「阪急トラベルサポート」(大阪市北区)に立ち入り調査した。同社は「指導があれば、適切に従う」としている。
 同社によると、登録している派遣添乗員は約780人。ツアーごとに契約を結び、親会社の阪急交通社(同)に派遣している。1回の契約期間は最大約30日で、日帰りの場合もあるという。
 サポート社に登録する添乗員のうち、正社員の勤務日数の4分の3にあたる200日以上勤務しているのは約50人。だが、厚生年金、健康保険に加入しているケースはないという。同社は「短期の雇用契約であり、継続雇用ではない。9年前に天満社会保険事務所に相談したが、指導はなかった」と説明している。
 厚生年金保険法、健康保険法では、2カ月以上勤務し、勤務時間や勤務日数が正社員の4分の3以上の見込みがある場合、企業側に保険への加入を義務づけている。保険料は労使折半で、企業側が国に納める。同事務局は「短期の契約内容であっても、毎月社員並みに勤務する場合は継続雇用と同じ。加入義務が生じる」としている。
 JTB(東京)も系列派遣5社について、常用雇用でないとの観点から添乗員を加入させていない。担当者は「今回の調査で、何らかの見直しが必要になるのでは」と困惑する。
 添乗員派遣56社が加盟する「日本添乗サービス協会」(東京)によると、派遣添乗員は約1万3000人。ほとんどが個人で国民年金や国民健康保険に加入し、厚生年金や健康保険に入っていないという。鈴木毅事務局長は「全国の社会保険事務所の見解もバラバラ。統一的な指針は出しづらい」と話す。
 【関連記事】「へとへとツアコン蜂起、日当改善訴え労組 2007/ 4/13 asahi.com
 【コメント】この4月に待遇改善を訴るために、労働組合を結成したのが旅行添乗員。その動きに対抗し、業界団体は厚労省に業界慣行を正式に認めさせようとしたのは記憶に新しい。このような業界慣行が妨げになっていると思えるのが、今回の年金・健康保険未加入問題。明らかになった以上、現在の情勢から考えれば、厚労省から是正を迫られるのは必至。待遇改善を含め、今後業界は対応に追われることとなりそう。

|

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > がん対策基本法・がん患者、緩和ケア充実を訴え、広島で2000人が集会(20070827) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・司法修習生、就職先未定が100人超す、日弁連調査(20070827) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16256080

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】健康保険法・国年法・厚年法 > 未加入問題・派遣添乗員、健保未加入に疑い、阪急交通社系列立ち入り(20070827):

» 肩叩きされましてね [リストラ]
今思えば、やはりリストラだったんですね。 [続きを読む]

受信: 2007.08.28 09:19

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > がん対策基本法・がん患者、緩和ケア充実を訴え、広島で2000人が集会(20070827) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・司法修習生、就職先未定が100人超す、日弁連調査(20070827) »