« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働問題・子育て配慮した職場、東芝が首位、2007年「働きやすい会社」調査(20070826) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > がん対策基本法・がん患者、緩和ケア充実を訴え、広島で2000人が集会(20070827) »

2007.08.27

【社労士:労働関連情報】労働基準法 > 労働時間・仕事と家庭両立後押し、厚労省、中小企業に助成金(20070827)

仕事と家庭両立後押し・厚労省、中小に助成金 2007/ 8/27 NIKKEI NET

 仕事と家庭生活とを両立する会社員を増やすため、厚生労働省は2008年度から従業員が働く時間を柔軟に設定できる労働時間制度を設けた中小企業に、新たな助成金を支給する方針を固めた。「1日8時間」にとらわれず育児中などでも働きやすい労働時間制度を金銭面で後押しし、「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)」普及を目指す。
 08年度の概算要求に2億7000万円を盛る。労働時間制度には、1日8時間以下に労働時間を抑える、自由に出社・退社時間を選べるなど様々な仕組みがある。ただ国内企業の約99%を占める中小企業は「従業員の人数が少なく人繰りがつかない」などの理由で導入が難しかった。
 【関連記事】「中小企業の残業抑制に助成金 厚労省 2007/ 7/ 3 asahi.com」 / 「厚労省、中小企業の残業削減支援・採用増助言や補助金 2007/ 2/ 6 NIKKEI NET
 【コメント】残業規制に対する助成金を決めたばかりの中小企業に対し、今度はワーク・ライフ・バランス普及を目指すための助成金拠出。だが、「初任給」を大企業以上に上げねば人材確保がままならぬ程、人材不足に悩む中小企業が、助成金で誘導されるかどうか。

|

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働問題・子育て配慮した職場、東芝が首位、2007年「働きやすい会社」調査(20070826) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > がん対策基本法・がん患者、緩和ケア充実を訴え、広島で2000人が集会(20070827) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16255955

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働関連情報】労働基準法 > 労働時間・仕事と家庭両立後押し、厚労省、中小企業に助成金(20070827):

» 情報起業プロジェクト ~不労収入までの道~ []
現代社会ではインターネットが幅広く普及し、 様々なチャンスがあなたを待っているからです。 この千載一遇のチャンスを逃すわけにはいきません。 ⇒ コチラ そう、現在においては 労働時間は半分になりながらも、 収入を2倍にすることは全く難しいことでは無いのです。 なぜなら、インターネットの社会では、 本当に簡単な仕掛けを設置するだけで、 完全なる不労所得を確保...... [続きを読む]

受信: 2007.09.02 12:17

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働問題・子育て配慮した職場、東芝が首位、2007年「働きやすい会社」調査(20070826) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > がん対策基本法・がん患者、緩和ケア充実を訴え、広島で2000人が集会(20070827) »