« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・司法修習生、就職先未定が100人超す、日弁連調査(20070827) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > ワーク・ライフ・バランス・「短時間」「在宅」勤務、労使双方にメリット(20070827) »

2007.08.27

【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・民間の若手社員、自衛隊にレンタル移籍、人材確保へ防衛省検討(20070827)

民間の若手社員 自衛隊にレンタル移籍…人材確保へ防衛省検討 2007/ 8/27 YOMIURI ONLINE

 防衛省が、民間企業の若手社員を自衛隊に2~3年の期限付きで入隊させる「レンタル移籍制度」の創設を検討している。人材確保策の一環だが、背景には自衛隊の若手教育に対する企業側の期待もある。同省は、今年度中にも民間企業などに意向調査を行い、試行につなげたい考えだ。
 自衛隊は精強な部隊を維持する上で若手隊員を確保する必要があるため、陸上自衛隊では2年、海上、航空各自衛隊では3年の期限で勤める「任期制自衛官」の制度を設けている。応募資格は18歳以上27歳未満。高校卒業者を中心に毎年1万人前後を採用し、数回の任期を経て、毎年5000~6000人が退職する。
 しかし、最近は、景気回復に伴って民間企業志向が強まっているほか、大学進学率も高まり、高卒者の確保が年々難しくなっている。また、少子化に伴い、募集対象年齢の人口が減り、人材確保は将来的にさらに厳しくなると予想される。
 そこで同省が着目したのが、プロサッカーで普及しているレンタル移籍。民間企業の内定者や若手社員、他の公的機関の若手職員を2~3年の任期制自衛官として受け入れ、任期満了後に元の職場に戻す仕組みを考えついた。身分は通常の自衛官と同じで、待遇や訓練内容も変わらない。入隊後は数か月間の基礎教育を経て全国の部隊に配属され、災害派遣など実際の現場での活動を想定している。
 この制度を後押ししそうなのが、企業で高まる「自衛隊人気」だ。自衛隊は企業の研修に協力する形で、3~4日間の社員の体験入隊を受け入れている。こうした人たちは年々増え、昨年度の陸自への体験入隊は約1万5000人。企業からは「団体生活を経験して社員の意識が向上した」などの声が寄せられている。任期制自衛官が退職後に就職した企業の人事担当者からも「自衛隊経験者は規律がしっかりしていてまじめ」と評判が高いという。
 同省は現在、レンタル移籍制度の具体的な方法を検討しているが、体験入隊と異なり、入隊期間が2~3年の長期に及ぶことや、自衛隊で学んだことが企業などに戻った時にどう生かせるかなど課題も多い。同省は「民間企業と人材確保で競合するのではなく、双方のニーズをうまく組み合わせた制度ができれば」と話している。
 【コメント】新入社員研修などへかける手間の軽減を図りたい企業が多い中、出てきたのがこの自衛隊レンタル。確かに企業にとっては魅力的な話ではあるものの、問題となるのはやはりその期間。さて、企業と自衛隊の妥協点は見出せるかどうか。

|

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・司法修習生、就職先未定が100人超す、日弁連調査(20070827) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > ワーク・ライフ・バランス・「短時間」「在宅」勤務、労使双方にメリット(20070827) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16256152

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・民間の若手社員、自衛隊にレンタル移籍、人材確保へ防衛省検討(20070827):

» ツタヤレンタル [ツタヤレンタル]
ツタヤレンタル ツタヤレンタルを利用してDVD三昧の生活してみない! ツタヤレンタルなら見たいDVDが何時でも時間制限も無く見れるからうれしいね! [続きを読む]

受信: 2007.08.27 22:25

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・司法修習生、就職先未定が100人超す、日弁連調査(20070827) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > ワーク・ライフ・バランス・「短時間」「在宅」勤務、労使双方にメリット(20070827) »