« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働問題・母子家庭の母親の就職支援に無料訓練(20070826) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 少子化対策・宙に浮く「安倍構想:方針不明で省庁動けず(20070826) »

2007.08.26

【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金支給額・ねんきん特別便、記録訂正は照会票で、社保庁が概要(20070826)

ねんきん特別便:記録訂正は「照会票」で 社保庁が概要 2007/ 8/26 MSN-Mainichi INTERACTIVE

 社会保険庁は今年12月から来年10月までに、すべての年金受給者・加入者1億人に郵送する「ねんきん特別便」の概要を固めた。(1)新たな給付に結びつく記録の持ち主と想定される人(2)58歳の人全員--を対象に、「年金加入記録照会票」を同封し、記録の訂正が必要な場合は照会票を返信してもらう。58歳の人には、求めがあれば将来の年金見込み額も通知する。
 政府は宙に浮く年金記録5000万件の「名前」などのデータを突き合わせ、持ち主を探す名寄せを来年3月までに終える意向だ。並行して、年金が増える見通しの人を優先し、今年末から名寄せ結果を「ねんきん特別便」で知らせる方針を既に公表しており、社保庁で具体化を進めていた。
 通知内容は、(1)基礎年金番号(2)加入履歴(3)加入期間--など。記録訂正が不要なら、照会票のほかに同封する「確認はがき」を返信してもらう。照会票と確認はがきのどちらも返信がない人にも確認を徹底する。
 厚生年金加入者には企業を通じて配布し、郵送料を節約するが、それでもデータ編集などのシステム費だけで3億1000万円かかるという。
 一方、公務員らの共済年金の宙に浮く記録181万件は、管理している共済組合から提供を受け、08年度中に照合する方針。それでも統合できない記録は、共済組合から引き取り、別枠で管理する。
 【関連記事】「1億人に年金履歴通知…厚労相が表明 2007/ 6/28 YOMIURI ONLINE」 / 「全ての年金加入者・受給者に納付履歴通知…社保庁が検討 2007/ 6/26 YOMIURI ONLINE
 【コメント】厚労相が表明していた、1億人の公的年金加入者・受給者全員に通知する年金履歴通知。「ねんきん特別便」として送付が行われるようだ。通知までにさらにこの内容が詰められることとなろう。何しろ1億人規模に送付される通知、一つでも手順などが異なれば大事になることは明らか。社保庁としても慎重に作業を進めて欲しいところであるが。。

|

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働問題・母子家庭の母親の就職支援に無料訓練(20070826) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 少子化対策・宙に浮く「安倍構想:方針不明で省庁動けず(20070826) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16248092

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金支給額・ねんきん特別便、記録訂正は照会票で、社保庁が概要(20070826):

» 年金受給 [年金受給]
年金受給をするために必要な情報をお届けします。年金問題など年金受給に関することを情報提供します。 [続きを読む]

受信: 2007.08.27 16:04

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働問題・母子家庭の母親の就職支援に無料訓練(20070826) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 少子化対策・宙に浮く「安倍構想:方針不明で省庁動けず(20070826) »