« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保障費・厚労省概算要求、医師不足対策に73%増の160億円(20070826) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・コムスン事業譲渡、施設介護事業はニチイ学館に売却へ(20070826) »

2007.08.26

【社労士:労働関連情報】安衛法 > 健康診断・メタボ健診に補助金、厚労省、健保組合向け(20070826)

メタボ健診に補助金・厚労省、健保組合向け 2007/ 8/26 NIKKEI NET

 厚生労働省は2008年4月に始まるメタボリック(内臓脂肪)症候群を予防・改善する特定健診と保健指導を新たに実施するため、企業の健康保険組合に補助金を出す。特定健診と健康・生活指導を義務付けて生活習慣病を予防し、将来の医療費膨張にブレーキを掛ける考えだ。健診や保健指導コストの3分の1を助成する方針で、来年度予算の概算要求に財源として571億円を盛り込む。
 特定健診は40歳以上の保険加入者が対象。高血圧や高血糖、高脂血症が重なったメタボ症候群を放置すれば、生活習慣病や心筋梗塞(こうそく)、脳卒中になる可能性が高い。
 【関連記事】「メタボ健診 5割「診察必要」…5万人調査 2007/ 8/25 YOMIURI ONLINE
 【コメント】メタボ健診が始まり、発覚したのは受診者の5割が医療機関への診察必要の恐れありという結果。予防には効果を上げているかもしれないが、医療費の抑制効果が疑わしい状況になってきた。医療機関への受診を促す代わりに、健康保険組合で保健指導を担ってもらおうというこの動き。医療費膨張に役立つかどうかはこれから判明することとなろう。

|

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保障費・厚労省概算要求、医師不足対策に73%増の160億円(20070826) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・コムスン事業譲渡、施設介護事業はニチイ学館に売却へ(20070826) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16243305

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働関連情報】安衛法 > 健康診断・メタボ健診に補助金、厚労省、健保組合向け(20070826):

» 高血圧・高血圧症は食事ではダメ [高血圧・高血圧症は食事ではダメ]
高血圧・高血圧症は食事ではダメ [続きを読む]

受信: 2007.08.26 15:56

» 不眠症改善の秘訣について [不眠症改善の秘訣について]
不眠症改善の秘訣について [続きを読む]

受信: 2007.08.26 16:10

» 糖尿病 [糖尿病]
糖尿病 [続きを読む]

受信: 2007.08.26 16:18

» 便秘で悩んだら [便秘で悩んだら]
便秘で悩んだら [続きを読む]

受信: 2007.08.26 16:24

» 健康に関するみんなのブログ [健康に関するみんなのブログ]
ブランド品のゆくえ [続きを読む]

受信: 2007.08.26 16:29

» 思春期の悩み相談ならこちらまで [思春期の悩み相談ならこちらまで]
思春期の悩み相談ならこちらまで [続きを読む]

受信: 2007.08.26 16:30

» 禁煙方法の秘訣 [禁煙方法の秘訣]
禁煙方法の秘訣 [続きを読む]

受信: 2007.08.26 16:35

» 糖素減[天然蘭山苦瓜100%]地方に糖尿病警報!!>運動不足を救う「糖素減」 [http://nicelife1ban.livedoor.biz/]
TBさせていただきます。 私も「糖尿・血糖値に」についての情報を書きました。情報交換になれば幸いですf(*^_^*) [続きを読む]

受信: 2007.08.26 22:13

» 生命保険とは [生命保険 保険の基礎相談]
生命保険とは、何でしょうか。ほとんどの人は生命保険に加入しいると思いますが、なぜ生命保険に加入するのでしょう。生命保険とは、私たちの毎日の生活の中で起こるかもしれないというリスクを避けるための保険で、病気や怪我をした時や死亡した時に保障するための保険なのです。生命保険は死亡した時または、一定の年齢まで保険料を支払うことで生命保険の契約をします。また、契約者が死亡した時には、保険契約をした時に決めた受取人が保険金を受け取り... [続きを読む]

受信: 2007.08.28 19:53

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保障費・厚労省概算要求、医師不足対策に73%増の160億円(20070826) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・コムスン事業譲渡、施設介護事業はニチイ学館に売却へ(20070826) »