« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > ワーク・ライフ・バランス・「短時間」「在宅」勤務、労使双方にメリット(20070827) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労災法 > アスベスト災害・石綿工場と無関係の住民、中皮腫死亡が平均の20倍(20070828) »

2007.08.28

【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・コムスン事業譲渡、施設介護事業はニチイ学館に売却へ(20070827)

コムスン、老人ホームなどニチイ学館に譲渡へ 2007/ 8/27 asahi.com

 コムスンの事業譲渡先を選定している同社の第三者委員会(堀田力委員長)は27日、有料老人ホームとグループホームの譲渡先として介護事業最大手のニチイ学館を選んだと発表した。コムスンは金額を今後交渉し、委員会の選定に沿って11月にもサービスを引き継ぐ方針。今後は利用者が多い訪問介護事業の譲渡先が焦点となる。
 事業譲渡されるのは有料老人ホーム26カ所(利用者約1000人)と、認知症対応型のグループホーム183カ所(同約3000人)。従業員は約3000人。
 応募した52団体からニチイ学館を選んだ理由について第三者委は、全国的に介護事業を展開していることや、認知症に対応できる人員が多いことなどを挙げた。会見した堀田委員長は「譲渡金額は考慮していない。サービスの質の確保や法令順守体制の整備を譲渡の条件にした」と述べた。
 ニチイ学館でも介護報酬の不適正な請求が発覚しているが、寺田明彦会長は会見で「法令順守を徹底し、国民の期待を裏切らないようにする」と話した。
 第三者委は、コムスンの主力事業で5万人以上の利用者がいる訪問介護事業の選定を急ぎ、9月上旬にも決めたい考え。だが応募数が多いため、想定より遅れる可能性も指摘されている。
 樋口公一社長は「訪問介護事業もできるだけ早く譲渡したい」と11月にもサービス移行したい考えだが、自治体が事業所の審査にかける時間の問題もある。
 【関連記事】「コムスンの施設介護事業、ニチイ学館に売却へ・11月にも 2007/ 8/26 NIKKEI NET
 【コメント】先日報道された通り、ニチイ学館へと決まった、コムスンの施設介護譲渡先。従業員確保状況や財務基盤で絞り込まれたワタミよりも上と判断されたとのこと。譲渡対象は有料老人ホームの「コムスンホーム」(8ヵ所)・「コムスンのきらめき」(18ヵ所)、認知症高齢者の生活するグループホーム「コムスンのほほえみ」(183ヵ所)。それぞれのブランドごとに会社分割をした上で売却される予定。厚労省もこの決定を尊重する旨の発表をしているが、問題となりそうなのはその譲渡時期。11月1日よりサービス移行したいという考えに各自治体は反発。まだまだ問題は多く残っているようだ。

|

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > ワーク・ライフ・バランス・「短時間」「在宅」勤務、労使双方にメリット(20070827) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労災法 > アスベスト災害・石綿工場と無関係の住民、中皮腫死亡が平均の20倍(20070828) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16263457

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・コムスン事業譲渡、施設介護事業はニチイ学館に売却へ(20070827):

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > ワーク・ライフ・バランス・「短時間」「在宅」勤務、労使双方にメリット(20070827) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労災法 > アスベスト災害・石綿工場と無関係の住民、中皮腫死亡が平均の20倍(20070828) »