« 【社労士:労働関連情報】安衛法 > 健康診断・メタボ健診5割、「診察必要」、5万人調査(20070825) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > パート労働法・フルタイムへ配慮求める、パート労働法指針改正案(20070825) »

2007.08.26

【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度・新人看護師に臨床研修、技術低下歯止めを狙う、厚労省(20070825)

新人看護師に臨床研修、技術低下歯止め狙う…厚労省 2007/ 8/25 YOMIURI ONLINE

 新人看護師の技術不足が問題となる中、厚生労働省は、看護師版の臨床研修制度の創設も視野に、新人研修のあり方について検討を始める。
 手始めに来年度、全国の病院などでモデル事業を行い、効果的な研修方法を探る。
 医師については、2004年から2年間の卒後臨床研修が義務付けられたが、新人看護師の研修は個々の病院に任されているのが実情。看護力の低下は、医療ミスだけでなく、自信喪失による早期離職も招いており、同省では、研修制度を充実させることで、新人看護師の職場定着にもつなげたい考えだ。
 日本看護協会の昨年の調査では、基礎的な看護技術80項目のうち、注射、止血など16項目について「一人でできる卒業生が20%未満」という看護学校が過半数を占めた。1989年に、看護教育カリキュラムの中の実習時間が大幅に減らされたのが一因と見られ、看護能力の低下による投薬ミスや挿管ミスなどが、患者の死につながった例も報告されている。
 自信を失い、辞める新人看護師も多い。同協会の調査では、病院で勤務する新卒看護職の1年未満の離職率は2005年度まで3年連続で9・3%で、看護学校での実習や就職してからの研修の強化が看護教育の重要課題とされてきた。
 しかし、病院の研修方法にはばらつきがあり、教育に手間をかける余裕がない中小病院では、未熟な看護師を即戦力として扱うところも少なくない。
 そこで同省では今秋から、新人研修がどうあるべきかを有識者らで作る検討会で議論し、モデル事業の手法を決める。来年度予算の概算要求に約2億5000万円を盛り込み、全国25か所で1か所につき60人程度の新人看護師の研修事業を2か月間実施。研修前後でどれほど技術力がアップしたかを検証し、標準的な新卒研修プログラムを作りたい考えだ。
 この成果に基づいて、看護師版の臨床研修制度の導入も検討すると共に、看護学校の教育年数の延長も含めた看護教育全般の見直しも進めていく。
 【関連記事】「看護職の再教育、処分の重さで最大120時間…厚労省方針 2007/ 7/19 YOMIURI ONLINE」 / 「診療報酬上乗せ、病院限定 看護師争奪を沈静化へ 2007/ 1/18 asahi.com」 / 「看護師配置巡る“争奪戦”、6割の病院が予定数確保できず 2007/ 5/15 YOMIURI ONLINE
 【コメント】診療報酬の都合で、激烈な状況へと陥った看護師争奪戦。来年の診療報酬改定なども計画され、その争奪戦は沈静化の様相を見せている。この争奪戦により、一部病院では手厚い看護体制を実現できたものの、看護師の技術力不足に伴う医療事故への対策は未だ万全ではない。先日看護職に対する再教育制度が定時されたばかりだが、今回は新人看護師への研修プログラム提示。看護師技術力の底上げ、果たして実現できるか?

|

« 【社労士:労働関連情報】安衛法 > 健康診断・メタボ健診5割、「診察必要」、5万人調査(20070825) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > パート労働法・フルタイムへ配慮求める、パート労働法指針改正案(20070825) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16242011

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度・新人看護師に臨床研修、技術低下歯止めを狙う、厚労省(20070825):

« 【社労士:労働関連情報】安衛法 > 健康診断・メタボ健診5割、「診察必要」、5万人調査(20070825) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > パート労働法・フルタイムへ配慮求める、パート労働法指針改正案(20070825) »