« 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療費抑制・後発医薬品、利用促進へ協議機関、厚労省(20070824) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働問題・「時短」などの病院支援制度創設へ、勤務医の負担軽減狙い(20070824) »

2007.08.24

【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働者派遣法・グッドウィル派遣労働者、データ装備費の返還を求め提訴(20070824)

グッドウィルの派遣労働者、データ装備費の返還を求め提訴 2007/ 8/24 NIKKEI NET

 大手人材派遣「グッドウィル」(東京・港)の派遣労働者が就労時に1日1人当たり200円の「データ装備費」を徴収されていた問題で、同社の派遣労働者26人が23日、同社を相手取り、データ装備費の総額約455万円の返還を求め東京地裁に提訴した。
 親会社のグッドウィル・グループは今年6月、過去2年分のデータ装備費最大約37億円を返還すると表明したが、労働者側は「2年以上徴収された者もおり、全額返還を求める」としている。
 訴状によると、26人は1998年から2005年にかけて、派遣労働に従事する際、グッドウィルから「万が一の際に十分な補償を得るため」などとしてデータ装備費を徴収された。中には8年間で約40万円を徴収されたケースもあったという。
 【関連記事】「不透明天引き、派遣スタッフがグッドウィル提訴 愛知 2007/ 7/19 asahi.com」 / 「グッドウィルの日雇い派遣天引き問題、労組が集団訴訟へ 2007/ 7/ 7 asahi.com

|

« 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療費抑制・後発医薬品、利用促進へ協議機関、厚労省(20070824) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働問題・「時短」などの病院支援制度創設へ、勤務医の負担軽減狙い(20070824) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16220257

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働者派遣法・グッドウィル派遣労働者、データ装備費の返還を求め提訴(20070824):

« 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療費抑制・後発医薬品、利用促進へ協議機関、厚労省(20070824) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働問題・「時短」などの病院支援制度創設へ、勤務医の負担軽減狙い(20070824) »