« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働者派遣法・グッドウィル派遣労働者、データ装備費の返還を求め提訴(20070824) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保険庁改革・長官に総務省OBの坂野氏(20070824) »

2007.08.24

【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働問題・「時短」などの病院支援制度創設へ、勤務医の負担軽減狙い(20070824)

「時短」などの病院支援制度創設へ、勤務医の負担軽減狙い 2007/ 8/24 YOMIURI ONLINE

 過酷な労働環境に置かれた勤務医の負担を減らすため、厚生労働省は、交代制や変則勤務の導入など医師の勤務時間を短くする工夫をした病院を支援する制度を設ける方針を決めた。
 補助金交付のほか、将来的には診療報酬で優遇することも視野に入れている。特に、夜間救急の多い小児科や産科では、医師の長時間労働が常態化し、過労死や医療ミスにもつながっているとの指摘もある。同省では、新制度により、医師の病院離れや医療事故を予防する効果も狙っている。
 来年度、各都道府県2か所程度の病院を選んでモデル事業をスタートさせる。各病院では、昼と夜の交代制勤務のほか、子育て中で都合のいい時間帯だけ働ける医師や夜間だけ働ける医師など非常勤医師も組み合わせる変則勤務の導入などにより、勤務時間短縮に知恵を絞ってもらう。これに必要な経費は、国、都道府県、病院で3分の1ずつ負担する予定で、同省は国負担分として来年度の概算要求に約4億2000万円を盛り込む方針だ。
 同省は、モデル事業の結果を分析し、具体的な制度のあり方を検討。制度の運用が本格化した後は、工夫をしている病院に診療報酬を手厚くするよう改定することも検討する。
 同省によると、医師の勤務時間を短縮した先進例としては、2002年4月から交代制勤務を導入した「徳島赤十字病院」(徳島県小松島市)がある。同病院の小児科では従来、医師4人が平日の日勤をこなしたうえ、夜間の緊急対応のための自宅待機、土日出勤を交代で担当していた。しかし、この体制では、宿直勤務や夜間の緊急対応があった場合、連続36時間勤務となるほか、休日も月3~4日程度しか取れなかった。
 そこで、常勤を3人、非常勤を1人増やして、朝から夕方までの日勤約8時間、夕方から朝までの夜勤16時間の完全2交代制を導入。勤務はどんなに長くても1日16時間に減り、週休2日が可能になった。
 小児救急医療拠点病院として24時間の診療体制も確立され、受診患者数は2倍程度に増加している。
 【関連記事】「医師の交代勤務を支援へ 導入病院に補助金 厚労省 2007/ 8/21 asahi.com」 / 「医師不足対策費7割増、厚労省が160億円予算要求 2007/ 8/23 NIKKEI NET

|

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働者派遣法・グッドウィル派遣労働者、データ装備費の返還を求め提訴(20070824) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保険庁改革・長官に総務省OBの坂野氏(20070824) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16222892

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働問題・「時短」などの病院支援制度創設へ、勤務医の負担軽減狙い(20070824):

» さぁサンプルラボにいこう! [さぁサンプルラボにいこう!]
サンプルラボのことならこのサイトにオマカセ下さい!サンプルラボの情報を提供! [続きを読む]

受信: 2007.08.24 18:40

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働者派遣法・グッドウィル派遣労働者、データ装備費の返還を求め提訴(20070824) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保険庁改革・長官に総務省OBの坂野氏(20070824) »