« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 厚生年金適用事業所・厚生年金保険料、企業の未納は税で補てん(20070821) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・介護ビジネス、成長産業曲がり角(20070821) »

2007.08.21

【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・臨床の場で新薬開発、厚労省、研究施設整備へ(20070821)

臨床の場で新薬開発 厚労省、研究施設整備へ

 厚生労働省は08年度から、新薬や医療機器の開発を促すため、東京や大阪などに六つある国立高度専門医療センターに、官民が協力して研究する施設を順次整備する方針を固めた。治療中の患者がいる施設に医師と企業の共同研究の場を設けることで、難病治療の新薬開発や、海外の先端医療機器の日本人向けの改良などにつなげる狙いだ。
 08年度予算概算要求の重点要望として、施設整備費15億円を盛り込む。
 国立高度専門医療センターは、循環器病、がん、成育医療、国際医療、精神・神経、長寿医療の6施設。各施設の専門分野ごとに、製薬会社や医療機器メーカー、大学医学部などが連携して新薬や医療機器の開発を促進する構想だ。08年度から3年程度かけ、複数のセンター内に臨床研究施設を建てる。
 施設には臨床研究の専用病床、ベンチャー企業などへの貸与スペース、病院と企業が共同利用できる検査・分析機器などの部屋をつくる。専用病床がある施設を官民で活用することで、医師や患者の提案をヒントにした医療機器の開発も促す。
 厚労省は新設する施設で、人の細胞から臓器などをつくる再生医療技術の開発や、大手製薬会社が手がけない難病の薬の開発、画像診断のソフト開発などの研究を期待している。製薬会社が承認前の新薬の効果を調べる治験にも活用する。
 国内の新薬・医療機器開発をめぐっては「治験や審査に時間がかかり、海外で承認済みの薬が日本で使えない」「動物実験中心の基礎研究が臨床に生かされていない」などの指摘が出ていた。このため、政府は4月、新薬開発期間の短縮や医療関連産業の技術レベルの底上げを目指し、5カ年戦略を策定している。
 【関連記事】「画期的な新薬、薬価上げ・厚労省の医薬強化5カ年計画 2007/ 4/25 NIKKEI NET

|

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 厚生年金適用事業所・厚生年金保険料、企業の未納は税で補てん(20070821) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・介護ビジネス、成長産業曲がり角(20070821) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16194741

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・臨床の場で新薬開発、厚労省、研究施設整備へ(20070821):

» アメリカンホームダイレクト [アメリカン ホーム ダイレクト 情報]
アメリカンホームダイレクトは、cm等でよく見かける保険会社です。 [続きを読む]

受信: 2007.08.22 00:29

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 厚生年金適用事業所・厚生年金保険料、企業の未納は税で補てん(20070821) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・介護ビジネス、成長産業曲がり角(20070821) »