« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・浮いた年金問題、処理費は資産売却し捻出、社保庁(20070821) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働問題・仕事のあり方、年代別に点検、厚労省、コンサル無料派遣(20070821) »

2007.08.21

【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働問題・医師の交代勤務を支援へ、導入病院に補助金(20070821)

医師の交代勤務を支援へ 導入病院に補助金 厚労省 2007/ 8/21 asahi.com

 厚生労働省は医師不足対策として08年度から、医師の交代勤務制を導入した病院に補助金を出す制度を新設する方針を固めた。08年度予算の概算要求に5億円を盛り込む。過剰労働が医師の病院離れの一因となっているため、当直明けに休みが取れるような勤務態勢を整えた病院を支援する。
 新たな補助制度では、日中と夜間で医師が全員入れ替わる交代勤務にしたり、当直明けの医師が必ず休める勤務体系を導入したりして、医師の労働環境改善に取り組む病院に補助する。
 ただ、医師数に比較的余裕がある病院でなければ交代勤務を導入するのは難しく、医師不足が深刻な地方の公立病院などでは、補助対象となる勤務体系を導入できるかは不透明だ。
 厚労省によると、30~40代男性の病院勤務医の1週間の平均勤務時間は約50時間で、同年代の診療所医師より10時間近く多い。当直明けの勤務医がそのまま通常の診察などを行う勤務体系が多くの病院で常態化しており、過剰労働に耐えきれずに開業医に転身する医師が後を絶たない。
 同省では、交代勤務を導入した病院に対し、こうした補助金だけでなく、診療報酬の上乗せも今後検討する。
 【関連記事】「研修医の4割、「過労死ライン」を超す時間外労働 2007/ 5/14 asahi.com」 / 「勤務医「1か月休みなし」が27%…医労連調査 2007/ 2/19 YOMIURI ONLINE」 / 「病院勤務医の労働時間、週60時間超 厚労省が実態調査 2006/ 4/17 asahi.com
 【コメント】交代制としようにも、交代できるだけの医師数が確保できず、1人の医師に頼らざるを得ないという状況の中、補助金制度の新設を打ち出した厚労省。だが、この状況は、つい先日熾烈な看護師争奪戦を引き起こした、診療報酬改定と似たような状況を作る可能性もある。医師の移動により、医療空白地域が出来ないことを願わずにはいられない。

|

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・浮いた年金問題、処理費は資産売却し捻出、社保庁(20070821) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働問題・仕事のあり方、年代別に点検、厚労省、コンサル無料派遣(20070821) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16187106

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働問題・医師の交代勤務を支援へ、導入病院に補助金(20070821):

» http://plaza.rakuten.co.jp/shimauta0325/ [ナーシング専科ーダイエット・コスメ情報から看護学生・臨床における参考書紹介ー ]
はじめまして! [続きを読む]

受信: 2007.08.21 10:44

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・浮いた年金問題、処理費は資産売却し捻出、社保庁(20070821) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働問題・仕事のあり方、年代別に点検、厚労省、コンサル無料派遣(20070821) »