« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 障害者自立支援法・障害者の1割自己負担凍結、民主が支援法改正案提出へ(20070819) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・団塊世代の専門知識、ノウハウ、農業や漁業の経営改善に(20070819) »

2007.08.19

【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・人材交流センターの制度設計、民主にらみの提案続々(20070819)

人材交流センターの制度設計、民主にらみの提案続々 2007/ 8/19 NIKKEI NET

 国家公務員の天下りを一元管理する「官民人材交流センター」の制度設計をする政府の有識者懇談会のメンバーから「センターの5年後廃止」など民主党の主張に沿った提案が相次いでいる。参院で与党が過半数を割り、政府が独りよがりで案をまとめても実現するメドが立たないことが背景にある。
 制度設計は、塩崎恭久官房長官のもとに設置した「官民人材交流センターの制度設計に関する懇談会」(座長・田中一昭拓大名誉教授)が作業中。8委員のうち4人が参院選後、私案などを示した。
 【関連記事】「新人材バンク:有識者懇談会で4委員が私案 2007/ 8/ 9 MSN-Mainichi INTERACTIVE」 / 「新・人材バンクの制度設計が本格化、有識者懇談会が初会合 2007/ 7/18 YOMIURI ONLINE
 【コメント】なにやら当初の設計方針と異なり、「賛同を得やすい」内容へと修正がかけられつつある、人材交流センター。このような制度設計でよい制度が出来るかどうか。。実現するメドが立たないのであれば、白紙に戻した方が良いのではと思えるこの動き。

|

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 障害者自立支援法・障害者の1割自己負担凍結、民主が支援法改正案提出へ(20070819) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・団塊世代の専門知識、ノウハウ、農業や漁業の経営改善に(20070819) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16164682

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・人材交流センターの制度設計、民主にらみの提案続々(20070819):

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 障害者自立支援法・障害者の1割自己負担凍結、民主が支援法改正案提出へ(20070819) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・団塊世代の専門知識、ノウハウ、農業や漁業の経営改善に(20070819) »