« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金保険料・「年金保険料流用禁止法案」、民主が8日にも提出へ(20070807) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・コムスン事業譲渡、「空白地」回避の見通し(20070807) »

2007.08.08

【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・経済財政白書、賃金の伸び悩み、原因は「複合的」(20070807)

賃金の伸び悩み、原因は「複合的」 経済財政白書 2007/ 8/ 7 asahi.com

 内閣府は7日、07年度の経済財政白書を発表した。景気拡大が続いているのに賃金が伸び悩む理由について非正社員の増加の影響は大きくなく、むしろ、「複数の要因が複合的に作用」していると結論づけた。また、景気回復が進めば所得格差が縮まるという従来の学説が信頼できなくなっている現状も報告した。
 白書の副題は「生産性上昇に向けた挑戦」。賃金低下は3日発表の労働経済白書でも問題視されたが、内閣府はデータに基づく分析を行った。
 同府は経済の専門家らの間で通説となっている、(1)賃金の低い非正社員の増加、(2)高額所得者である団塊の世代の一斉退職、(3)高所得産業から低所得産業への転職、(4)地方公務員の賃金低下――の四つを検証した。
 (1)については、パート労働者と正社員らパート以外の労働者(フルタイム労働者)の影響を分けて調べた。06年10~12月に基本給全体が前年同期に比べ0.6%下落したことの原因を分析すると、給与の低いパート労働者の増加による影響が0.1%分にとどまったのに対し、フルタイム労働者の給与が下がったことによる影響は0.5%分だったという。
 フルタイム労働者のなかでも、派遣労働者ら非正社員が増加したことによる賃金低下の影響度は05年から半減していた。
 団塊世代の退職や地方公務員の賃金低下などの影響も軽微だった。白書は「いずれの要因も単独では賃金動向を説明しきれないが、押し下げる方向に作用している点は確認できた」とまとめた。
 また、これまでは格差と成長率の関係は「成長段階でいったんは格差が拡大するものの、次第に縮小する」との学説が有力だったが、日本や英、米、カナダでは、成長が続いても格差が縮まらない現況が示された。
 【関連記事】「ミニ経済白書「団塊退職などで賃金総額減少へ」 2006/12/ 8 NIKKEI NET
 【コメント】昨年末に公表した「日本経済2006―2007(ミニ白書)」で、賃金総額の低迷の原因を、(1)賃金が比較的低い非正規雇用の増加(2)労働者の若年化(3)労働組合の影響力の弱体化と挙げているが、今回の検証結果ではこれらが複雑に絡み合っていることが原因と改めて説明が成された。政府が採りうる政策についてもこれらの事象それぞれに関してではなく、多方面で実施する必要があることを示唆した今回の白書。所得格差是正のための政策見直しに迫られることにもなりそうだ。

|

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金保険料・「年金保険料流用禁止法案」、民主が8日にも提出へ(20070807) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・コムスン事業譲渡、「空白地」回避の見通し(20070807) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16045470

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・経済財政白書、賃金の伸び悩み、原因は「複合的」(20070807):

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金保険料・「年金保険料流用禁止法案」、民主が8日にも提出へ(20070807) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・コムスン事業譲渡、「空白地」回避の見通し(20070807) »