« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・コムスン事業譲渡、「空白地」回避の見通し(20070807) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 診療報酬・産科/救急の診療報酬上げ検討、医師不足対策に重点(20070808) »

2007.08.08

【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金記録問題検証委員会・「大量の年金記録ミス」社保庁職員、検証委に情報提供(20070807)

「大量の年金記録ミス」 社保庁職員、検証委に情報提供 2007/ 8/ 7 asahi.com

 年金記録のずさんな管理問題を調べている総務省の「年金記録問題検証委員会」(座長・松尾邦弘前検事総長)が6日開かれ、松尾座長は記者会見で、これまでに124件の情報が寄せられ、うち29件は、社会保険庁の元職員が記録ミスの多発を証言するなど問題解明に役立ったことを明らかにした。
 29件の内訳は社保庁の職員らからの情報提供が10件、社会保険労務士から4件、地方公共団体職員から4件など。誤った記録や読み取り困難な記録が大量に発生していたという元職員の証言もあった。一方で、会社や本人の年金制度への理解が十分ではなかったことが記録問題の一因との指摘や、会社が社会保険事務所に届け出た従業員の氏名や生年月日に誤りが多かったという情報提供もあったという。
 このほか、松尾座長は社会保険事務所の現場を調査した委員からの報告を踏まえ、「上からの指示や下からの問題指摘など、組織全体としての意思疎通のあり方に問題がある」と述べた。
 【関連記事】「徒労感・見切り…社保庁職員、「自己都合」退職が急増 2007/ 7/ 4 NIKKEI NET」 / 「年金検証、霧中の船出 委員会、原因追及「どうすれば」 2007/ 6/15 asahi.com

|

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・コムスン事業譲渡、「空白地」回避の見通し(20070807) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 診療報酬・産科/救急の診療報酬上げ検討、医師不足対策に重点(20070808) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16045539

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金記録問題検証委員会・「大量の年金記録ミス」社保庁職員、検証委に情報提供(20070807):

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・コムスン事業譲渡、「空白地」回避の見通し(20070807) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 診療報酬・産科/救急の診療報酬上げ検討、医師不足対策に重点(20070808) »