« 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・高齢者医療制度、75歳以上向け医療制度の保険料、上限は年50万円に(20070804) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保険庁改革・村瀬長官9月にも退任、後任も民間起用の方向(20070806) »

2007.08.05

【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療費抑制・厚労省、薬の処方せん書式変更、後発薬を標準に(20070805)

厚労省、薬の処方せん書式変更・後発薬を標準に 2007/ 8/ 5 NIKKEI NET

 厚生労働省は新薬と成分は同じだが価格が安い後発医薬品の普及を目指し、2008年春にも薬の処方せん書式を変更する方針を固めた。割安な後発薬の処方を前提とした書式にする。後発薬を普及させることで、膨張する医療費を抑える考えだ。今秋にも中央社会保険医療協議会(中医協)で本格的な検討を始め、08年春の診療報酬改定の際に導入を目指す。
 現行の書式は、新薬の処方が前提になっている。薬の処方は医師が決めるが、後発薬を選ぶ場合には「後発薬への変更可」という項目に医師が署名する形式だ。
 【関連記事】「ジェネリック医薬品優先使用、厚労省が処方せん様式変更へ 2007/ 4/22 YOMIURI ONLINE」 / 「ジェネリック医薬品、普及進まず 厚労省が聞き取りへ 2006/10/23 asahi.com」 / 「後発薬促進に黄信号・中医協案に批判続出 2006/ 1/15 NIKKEI NET
 【コメント】以前の薬価基準改定においては、中医協の案提示により、使用そのものが危うくなった経緯を持つ後発薬。後発薬使用を標準にするための処方せん改定が果たしてそのまま通るかどうか。

|

« 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・高齢者医療制度、75歳以上向け医療制度の保険料、上限は年50万円に(20070804) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保険庁改革・村瀬長官9月にも退任、後任も民間起用の方向(20070806) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16014146

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療費抑制・厚労省、薬の処方せん書式変更、後発薬を標準に(20070805):

» ウェルテックのコラーゲンジェル価格セット [ウェルテックのコラーゲンジェル]
口コミだけで70万個売れたコラーゲンジェル 20代から70代まで全世代の女性に使える魔法のジェルを紹介! [続きを読む]

受信: 2007.08.05 18:28

« 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・高齢者医療制度、75歳以上向け医療制度の保険料、上限は年50万円に(20070804) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保険庁改革・村瀬長官9月にも退任、後任も民間起用の方向(20070806) »