« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金裏金問題・社保庁OBら4人の幹部職員を処分(20070803) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・特殊法人の職員給与、高水準、国家公務員の1.3倍(20070804) »

2007.08.05

【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・コムスン事業譲渡、前倒しも、現場の不安に対処(20070804)

コムスン、事業譲渡の前倒しも 現場の不安に対処 2007/ 8/ 4 asahi.com

 不正問題を受けて介護事業からの全面撤退を余儀なくされているグッドウィル・グループ(GWG)の子会社で、訪問介護大手コムスンの高柳尚明管理本部長は3日、来年3月末に予定していた事業譲渡先へのサービス移行時期について、「(3月末を)待たずに移行する可能性もあり得る」と神奈川県内の会合で述べた。
 高柳本部長によると、利用者や従業員などから不安の声が相次いでおり、「安心できる法人にサービスを継続してもらう方が、利用者にプラスになる」とスケジュールを早める理由を説明した。
 日本シルバーサービスなどGWGの介護関連子会社5社については、事業譲渡ではなく、株式譲渡の形でグループから外れる見通しも明らかにした。
 【関連記事】「コムスン売却先、決定ずれ込みか・第三者委副委員長 2007/ 8/ 2 NIKKEI NET」 / 「訪問介護47分割、居住系は一括…コムスンが譲渡計画提出 2007/ 7/31 YOMIURI ONLINE
 【コメント】売却先の決定が遅れる可能性があると発表がある一方での、事業譲渡前倒しのこの発表。果たして現場の不安への対処となるのかどうか、やや疑問。

|

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金裏金問題・社保庁OBら4人の幹部職員を処分(20070803) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・特殊法人の職員給与、高水準、国家公務員の1.3倍(20070804) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16013811

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・コムスン事業譲渡、前倒しも、現場の不安に対処(20070804):

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金裏金問題・社保庁OBら4人の幹部職員を処分(20070803) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・特殊法人の職員給与、高水準、国家公務員の1.3倍(20070804) »