« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 賃金問題・最低賃金引き上げの目安、15円前後に(20070802) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金保険料・民主が「年金保険料流用禁止法案」提出へ(20070802) »

2007.08.03

【社労士:社会関連情報】社会一般 > 国民健康保険法・財政調整交付金、山梨の全市町村へ過払い(20070802)

国保交付金、山梨の全市町村へ24億過払い 2007/ 8/ 2 YOMIURI ONLINE

 県が計算ミス

 国から市町村に交付される国民健康保険の財政調整交付金約24億7800万円が、山梨県の全市町村に過大に支払われていたことがわかった。
 2002、03年度分の基礎データを県が誤って計算し、各市町村がそれを基に交付金の申請書を作成していた。県は各市町村に対し、過払い分を08年3月までに厚生労働省に返還するよう求める方針。
 財政調整交付金は、保険料では足りない医療費の財源不足を補てんするため、市町村の財政力に応じて、国が交付する。市町村が作成した交付金の申請書を県が審査した上で、国に申請する。
 山梨県は、市町村の申請事務や県の審査業務を円滑に進めるため、県が計算した基礎データを提供し、市町村はこのデータを基に申請している。過払いは、県が計算を誤ったデータで市町村が申請額を算出したために起きた。県は、今年4月の会計検査院の検査で計算ミスを指摘された。
 市町村はすでに交付金を使っており、返還額が多額になることから、県は、返還額全額を限度とした無利子貸し付け制度を新設する。また、今後は基礎データの提供をやめる方針で、県と市町村が基礎データを相互に確認できる電算システムを導入する。

 【関連記事】「国保交付金、国が過小に算定ミス…毎年400市町村も 2007/ 6/27 YOMIURI ONLINE
 【コメント】1月ほど前に過小算定が報じられたのは国保の特別調整交付金。目立つ交付金算定ミス。

|

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 賃金問題・最低賃金引き上げの目安、15円前後に(20070802) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金保険料・民主が「年金保険料流用禁止法案」提出へ(20070802) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15990820

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 国民健康保険法・財政調整交付金、山梨の全市町村へ過払い(20070802):

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 賃金問題・最低賃金引き上げの目安、15円前後に(20070802) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金保険料・民主が「年金保険料流用禁止法案」提出へ(20070802) »