« 【社労士:社会統計】社会一般 > 少子化対策・人口1億2705万人、2年連続で減少(20070802) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金保険料横領・年金着服1億3000万円、24人が12年間で(20070803) »

2007.08.03

【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・コムスン事業譲渡先、決定ずれ込みか?第三者委副委員長コメント(20070802)

コムスン売却先、決定ずれ込みか・第三者委副委員長 2007/ 8/ 2 NIKKEI NET

 コムスン(東京・港)の事業売却先を選考する第三者委員会副委員長の郷原信郎桐蔭横浜大学法科大学院教授は2日、売却先の決定時期が、コムスンが事業移行計画で示した9月上旬よりずれ込む可能性があるとの見方を示した。同大コンプライアンス研究センター(東京・港)で2日に開いた記者会見で明らかにした。
 郷原教授は会見で「在宅介護は47都道府県ごと(の売却先決定)で、わずか1カ月ちょっとで決められるだろうか。24時間介護や障害者介護も含めてやってくれるところを探すとなるとますます難しい」と述べた。
 【関連記事】「訪問介護47分割、居住系は一括…コムスンが譲渡計画提出 2007/ 7/31 YOMIURI ONLINE」 / 「コムスン事業譲渡先を公募、第三者委が評価 2007/ 7/28 NIKKEI NET

|

« 【社労士:社会統計】社会一般 > 少子化対策・人口1億2705万人、2年連続で減少(20070802) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金保険料横領・年金着服1億3000万円、24人が12年間で(20070803) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15990929

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・コムスン事業譲渡先、決定ずれ込みか?第三者委副委員長コメント(20070802):

» これっきゃない!在宅マニュアル [これっきゃない!在宅マニュアル]
女子高生でも出来ました。 忙しいOLでも出来ました。 [続きを読む]

受信: 2007.08.04 00:06

« 【社労士:社会統計】社会一般 > 少子化対策・人口1億2705万人、2年連続で減少(20070802) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金保険料横領・年金着服1億3000万円、24人が12年間で(20070803) »