« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・国家公務員2種試験、競争率は大幅減の7.9倍(20070828) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 診療報酬・不正請求、藤枝市立病院、保健医療機関指定取り消しへ(20070828) »

2007.08.29

【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・介護報酬不正請求、1億4000万円、コムスンは返還を、兵庫県が指導(20070828)

「介護報酬1億4千万、コムスンは返還を」兵庫県が指導 2007/ 8/28 YOMIURI ONLINE

 訪問介護大手「コムスン」(東京都港区)が全国で介護事業所の指定を不正取得していた問題で、兵庫県は28日、同社が2004年3月~07年6月に県内8事業所で常勤職員数を虚偽申請するなどして、介護報酬計1億4142万円を不正受給していたとの監査結果を発表した。
 県は同日、全額を関係市町に返還するよう同社に求めた。同社は事実関係を認め、返還の意思を示しているという。
 県内40か所を調査。問題のあった事業所の大半は、職員の勤務実態が国の基準の4割程度しかないのに、基準を満たすだけ勤務していたことにして介護報酬を不正に受給していた。国の基準に従って延べ週100時間常勤しているとしていたホームヘルパーが、実際には6時間しか勤務していないケースもあった。
 【関連記事】「コムスン、202事業所で不正請求 返還4億3千万円 2007/ 8/15 asahi.com」 / 「コムスンの不正介護報酬請求、5億円…12都県が認定 2007/ 7/22 YOMIURI ONLINE
 【コメント】すでに不正請求の確認はされており、監査中であった兵庫県。監査が終了し、返還請求へと踏み切るようだ。未だ監査中の都県があり、このようなケースはまだまだありそう。

|

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・国家公務員2種試験、競争率は大幅減の7.9倍(20070828) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 診療報酬・不正請求、藤枝市立病院、保健医療機関指定取り消しへ(20070828) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16273462

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・介護報酬不正請求、1億4000万円、コムスンは返還を、兵庫県が指導(20070828):

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・国家公務員2種試験、競争率は大幅減の7.9倍(20070828) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 診療報酬・不正請求、藤枝市立病院、保健医療機関指定取り消しへ(20070828) »